岸見一郎 本を音声で聞く( #Audible )

【全目次】嫌われる勇気 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】 #嫌われる勇気

2021年10月21日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】嫌われる勇気 / 岸見 一郎【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト

岸見 一郎 さんの「嫌われる勇気」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【嫌われる勇気 目次】第1夜 トラウマを否定せよ【岸見 一郎・要点・もくじ】

知られざる「第3の巨頭」

なぜ「人は変われる」なのか

トラウマは、存在しない

人は怒りを捏造する

過去に支配されない生き方

ソクラテスとアドラー

あなたは「このまま」でいいのか

あなたの不幸は、あなた自身が「選んだ」もの

人は常に「変わらない」という決心をしている

あなたの人生は「いま、ここ」で決まる

【嫌われる勇気 目次】第2夜 すべての悩みは対人関係【岸見 一郎・要点・もくじ】

なぜ自分のことが嫌いなのか

すべての悩みは「対人関係の悩み」である

劣等感は、主観的な思い込み

言い訳としての劣等コンプレックス

自慢する人は、劣等感を感じている

人生は他者との競争ではない

「お前の顔を気にしているのはお前だけ」

権力争いから復讐へ

非を認めることは「負け」じゃない

直面する「人生のタスク」をどう乗り越えるか

赤い糸と頑強な鎖

「人生の噓」から目を逸らすな

所有の心理学から使用の心理学へ

【嫌われる勇気 目次】第3夜 他者の課題を切り捨てる【岸見 一郎・要点・もくじ】

承認欲求を否定する

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

「課題の分離」とはなにか

他者の課題を切り捨てよ

対人関係の悩みを一気に解消する方法

「ゴルディオスの結び目」を断て

承認欲求は不自由を強いる

ほんとうの自由とはなにか

対人関係のカードは、「わたし」が握っている

【嫌われる勇気 目次】第4夜 世界の中心はどこにあるか【岸見 一郎・要点・もくじ】

個人心理学と全体論

対人関係のゴールは「共同体感覚」

なぜ「わたし」にしか関心がないのか

あなたは世界の中心ではない

より大きな共同体の声を聴け

叱ってはいけない、ほめてもいけない

「勇気づけ」というアプローチ

自分には価値があると思えるために

ここに存在しているだけで、価値がある

人は「わたし」を使い分けられない

【嫌われる勇気 目次】第5夜 「いま、ここ」を真剣に生きる【岸見 一郎・要点・もくじ】

過剰な自意議が、自分にブレーキをかける

自己肯定ではなく、自己受容

信用と信頼はなにが違うのか

仕事の本質は、他者への貢献

若者は大人よりも前を歩いている

ワーカホリックは人生の嘘

人はいま、この瞬間から幸せになることができる

「特別な存在」でありたい人が進む、ふたつの道

普通であることの勇気

人生とは連続する利那である

ダンスするように生きる

「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ

人生最大の嘘

無意味な人生に「意味」を与えよ

嫌われる勇気 / 岸見 一郎の内容説明

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない――
【対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇】

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、
対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、
現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。

本書では平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、
哲学者と青年の対話篇形式によってその思想を解き明かしていきます。
著者は日本におけるアドラー心理学の第一人者(日本アドラー心理学会顧問)で、アドラーの著作も多数翻訳している岸見一郎氏と、
臨場感あふれるインタビュー原稿を得意とするライターの古賀史健氏。
対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】嫌われる勇気 / 岸見 一郎【Amazonレビューを引用】

Amazon

他者の期待を満たす生き方はやめた

本書を読む以前は、他者から嫌われるのを怖れる自分がいた。自分の言動に他者が反応するか気になって仕方がなかった。しかし、課題の分離をすることで、自分がやるべきことをやった上で、それを他者がどう判断するかはコントロール不可能ということ、そしてコントロール不可能なものに囚われるのは人生の無駄であることに気づけた。他者は自分の期待を満たす為に生きている訳ではない、という言葉が頭に残っている。目的論、貢献感という点に関しても本書から得られた新しい気づきである。今後は、他者の課題には踏み込まず、自分の課題にも他者を踏み込ませないことを決めた。他者は自分の期待を満たす為に生きている訳ではない。これは家族であっても恋人や友人であっても。自分も他者の期待を満たす生き方はしない。ここに気づかせてくれた良書である。 :レビュー元

Amazon

承認欲求からの解放を助けてくれる一冊

僕は、承認欲求に苦しんでいましたが、この本で救われました。何をしても、満たされない。SNSなどに、他人からの承認欲求を求めてしまうなど、、そんなことに悩まされていました。この本を読んで、そんなしがらみからも解放されました。同じ悩みを持っている方に、是非、一読をお勧めしたいです。ほかのアドラー本も読みましたが、そのエッセンスも、この本には、凝縮され、わかりやすい点も、魅力的です。僕を変えてくれた一冊です。こうしたレビュー書いたことがありませんでしたが、僕が感じていた同じ悩みのある方に、一助となればと思い、コメントいたしました。 :レビュー元

著者関連 岸見 一郎 さん著書もくじ一覧
岸見 一郎 さん著書Amazon一覧
【全目次】怒る勇気 / 岸見 一郎【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト
【全目次】怒る勇気 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】 #怒る勇気

続きを見る

【全目次】幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】#幸せになる勇気 #アドラー

続きを見る

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-岸見一郎, 本を音声で聞く( #Audible )
-, , , , , ,