Audible 岸見一郎

【全目次】幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】#幸せになる勇気 #アドラー

2022年3月29日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
岸見 一郎 さんの「幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【幸せになる勇気 目次】第一部 悪いあの人、かわいそうなわたし【岸見 一郎・要点・もくじ】

アドラー心理学は宗教なのか

教育の目標は「自立」である

尊敬とは「ありのままにその人を見る」こと

「他者の関心事」に関心を寄せよ

もしも「同じ種類の心と人生」を持っていたら

勇気は伝染し、尊敬も伝染する

「変われない」ほんとうの理由

あなたの「いま」が過去を決める

悪いあの人、かわいそうなわたし

アドラー心理学に「魔法」はない

【幸せになる勇気 目次】第二部 なぜ「賞罰」を否定するのか【岸見 一郎・要点・もくじ】

教室は民主主義国家である

叱てはいけない、ほめてもいけない

問題行動の「目的」はどこにあるか

わたしを憎んでくれ!見捨ててくれ!

「罰」があれば、「罪」はなくなるか

暴力という名のコミュニケーション

怒ることと叱ることは、同義である

自分の人生は、自分で選ぶことができる

【幸せになる勇気 目次】第三部 競争原理から協力原理へ【岸見 一郎・要点・もくじ】

「ほめて伸ばす」を否定せよ

褒賞が競争を生む

共同体の病

人生は「不完全」からはじまる

「わたしであること」の勇気

その問題行動は「あなた」に向けられている

なぜ人は「救世主」になりたがるのか

教育とは「仕事」ではなく「交友」

【幸せになる勇気 目次】第四部 与えよ、さらば与えられん【岸見 一郎・要点・もくじ】

すべての喜びもまた、対人関係の喜びである

「信用」するか?「信頼」するか?

なぜ「仕事」が、人生のタスクになるのか

いかなる職業にも貴賤はない

大切なのは「与えられたものをどう使うか」

あなたに親友は何人いるか

先に「信じる」こと

人と人とは、永遠にわかり合えない

人生は「なんでもない日々」が試練となる

与えよ、さらば与えられん

【幸せになる勇気 目次】第五部 愛する人生を選べ【岸見 一郎・要点・もくじ】

愛は「落ちる」ものではない

「愛される技術」から「愛する技術」へ

愛とは「ふたりで成し遂げる課題」である

人生の「主語」を切り換えよ

自立とは、「わたし」からの脱却である

その愛は「誰」に向けられているのか

どうすれば親の愛を奪えるのか

人は「愛すること」を恐れている

運命の人は、いない

愛とは「決断」である

ライフスタイルを再選択せよ

シンプルであり続けること

あたらしハ時代をつくる友人たちへ

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎の内容説明

【全目次】幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

◆大ベストセラーとして空前のアドラーブームを巻き起こした『嫌われる勇気』の完結編!◆

前作『嫌われる勇気』でアドラーの教えを知り、新たな生き方を決意した青年。その彼が3年ぶりに哲人のもとを訪れる。

アドラーの教えを実践すべく図書館司書を辞めて教師となった彼が語る衝撃の告白。それは「アドラーを捨てるべきか否か」という苦悩だった。アドラー心理学など、教育現場でも現実社会でも通用しない机上の空論だとする彼に、「あなたはアドラーを誤解している」と哲人は語る。

哲人と青年の対話は、教育論に始まり、仕事論、組織論、社会論、人生論へと及び、最後には「真の自立」と「愛」というテーマが浮かび上がる。そして、最後に哲人が説くのは、誰もが幸せに生きるために為すべき「人生最大の選択」についてだった。
果たしてその選択とは? あなたの人生を一変させる劇薬の哲学問答、再び! :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎【Amazonレビューを引用】

Amazon

人間にとって愛とは

手痛い失恋からなかなか立ち直れず前回の嫌われる勇気で、人間は過去に関係なく今、この瞬間から幸せになることを選択できることを学び、とても感銘を受けた。 今回、そんな手痛い失恋を経験した自分にとって、まさに作中の考え方にある、こんな自分を愛してくれる人なんて、この世に存在しないという考え方にとても共感した。 しかし、愛とは与えられるものではない。というより、自分を愛してくれる誰かに期待するのでは無く、自分から人を愛する大切さを学んだ。なぜなら人から愛されることは強要できないし、どんなに自分が努力しても、相手が自分を愛するかは、他者の課題であるから、自分ができることは、人を愛することだけだということに気づかされた。だからこの先どんなに傷つくことがあっても人を愛し続けようと思った。

Amazon

尊敬、自立、愛とは何か

 前作「嫌われる勇気」がとてもよかったので、今作も手に取りました。前作の青年が教職に就き、アドラーの考えを実践しようとした際の苦悩から話が始まります。アドラーの考えを現実で活かそうとする難しさを対話形式でうまく表現していると思いました。学校における賞罰は今でも議論されていますが、アドラーはそのどちらも良しとしないという
ことに興味深さを感じました。後半、自立や愛についての議論になります。最終的に自分は自立できていないと感じました。私は自分に自信がないあまり自分にばかり目を向けていました。「相手を信じる自分を信じる」。相手のことを信頼する、そして相手をしっかり見ること。それが信頼であり大切なの事だと学びました。「かわいそうな自分、悪いあの人」ではなくこれからどうしていくか考えていこうと思いました。 :レビュー一覧

著者関連
岸見 一郎 さん著書もくじ一覧
岸見 一郎 さん著書Amazon一覧

岸見 一郎 オススメ本

嫌われる勇気 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】

怒る勇気 / 岸見 一郎

アドラー心理学入門 / 岸見 一郎

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-Audible, 岸見一郎
-, , , , , ,