Audible 岸見一郎

【全目次】アドラー心理学入門 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】#アドラー心理学入門 #アドラー

2022年5月7日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】アドラー心理学入門 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】#アドラー心理学入門 #アドラー モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

岸見 一郎 さんの「アドラー心理学入門」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【アドラー心理学入門 目次】第一章 アドラーはどんな人だったか【岸見 一郎・要点・もくじ】

背景

医者になる決心

社会主義への関心と結婚

フロイトとの出会いと別れ

個人心理学の誕生

軍医として参戦

教育への関心

アメリカへ

その死

アドラー心理学のその後

普通の人々への関心

アドラーの著作

アドラーの英語

【アドラー心理学入門 目次】第二章 アドラー心理学の育児と教育【岸見 一郎・要点・もくじ】

育児と教育の目標

対人関係の中で考える

「どこから」ではなくて「どこへ」

行動の目的

どう対処するか

罰しない

復讐と無能力の誇示

適切な行動に注目する

ほめるのではない

勇気をくじかれているということ

劣等感と劣等コンプレックス

優越コンプレックスと劣等コンプレックス

普通であることの勇気

勇気づけ

「存在」への勇気づけ

まず課題を分離するということ

共同の課題

結末を体験する

見守るということ

優しくきっぱりと

【アドラー心理学入門 目次】第三章 横の関係と健康なパーソナリティ【岸見 一郎・要点・もくじ】

対等の横の関係

言葉による問題解決

競争と縦関係

自己受容

他者信頼

他者貢献

どの条件も欠くことができない

他の人のことが考えられるということ

【アドラー心理学入門 目次】第四章 アドラー心理学の基礎理論【岸見 一郎・要点・もくじ】

ギリシア哲学とアドラー

行動の目的としての善

人は自分が意味づけした世界に生きている

人生の課題から逃れているとき

決定論に反対する

自分が決める

個人の主体性

【アドラー心理学入門 目次】第五章 人生の意味を求めて【岸見 一郎・要点・もくじ】

人生の意味は自分で決める

他人を気にしない

失敗を恐れない

私は他の人の期待を満たすために生きているのではない

今したいことをしているか

責任について

他の人は私の期待を満たすために生きているのではない

自立について

言葉を重視する

わからないと思って付き合う

自分が人生を創っている

楽観主義と楽天主義

できることから始めよう

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

アドラー心理学入門 / 岸見 一郎の内容説明

【全目次】アドラー心理学入門 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】#アドラー心理学入門 #アドラー モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】アドラー心理学入門 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】#アドラー心理学入門 #アドラー モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

日本ではフロイトやユングの名前はよく知られていますが、同じ時代に生きたオーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラーの名前はあまり知られていません。
 本書ではアドラー心理学の見地から、どうすれば幸福に生きることができるかという古くからの問いにアドラーがどのように答えようとしているかを明らかにし、どのように生きていけばいいのかという指針を示しました。
引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】アドラー心理学入門 / 岸見 一郎【Amazonレビューを引用】

Amazon

<br /> 5つ星のうち5.0 最初からこれを読めばよかった……。

アドラー心理学は、「人生に起きる問題は全て対人関係の問題だ」としたうえで、対人関係の考え方を補正することにスポットを当てていて、「コレさえできれば対人関係に悩まされることはない」という最低限の要点が、シンプルかつコンパクトにまとまっています。ただ、言うは易し行うは難しで、生涯をかけて地道に考え方を改め続ける必要があります。原因療法的です。即効性のあるステロイドのような金言は眠っていません。 ~中略~ 「アドラーは受け付けない!フロイトの方が正しい!」と、拒絶される方もいます。でも、発信者で選別する意味はないです。どっちも間違ってるし、どっちも正しいと思います。どの川の流れに乗ったところで、結局最後はどれも同じ海に流れ着きます。海に真ん中なんてものが無いのと同じで、完全な真理を語る人なんてそもそも存在しないです。

Amazon

今の社会に合致したアドラー心理学の入門書

以前の社会は、フロイト的な「原因論」の方がマッチしていたかもしれないが、最近の社会は、より複雑化、カオス化することにより、「原因論」では生きづらくなった印象を持っていた。本書に紹介されている、アドラー的な「目的論」で考えると、目からウロコ的に見える世界が変化する。それは、ある意味、フロイト的な思想とは対極にあると言ってもよい斬新なものだから。アドラー心理学が万能薬だとは思わないし、現代でもフロイト的な生き方を好む人たちもいると思うが、私にとっては、本書で紹介されているアドラー心理学と、それを平易に表現した「嫌われる勇気」を読むことで、人生の意味がわかったような気がした。ゴールに到達することが目的で、そこに到達するまでは、ずっと過程であるというキーネイシス的な人生ではなく、一歩踏み出した途端に、その瞬間瞬間が意味をもつエネルゲイア的な人生を送りたいものだ。 :レビュー一覧

著者関連
岸見 一郎 さん著書もくじ一覧
岸見 一郎 さん著書Amazon一覧

岸見 一郎 オススメ本

嫌われる勇気 / 岸見 一郎【要点・もくじ・評価感想】

怒る勇気 / 岸見 一郎

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII / 岸見 一郎

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-Audible, 岸見一郎
-, , , , ,