【全目次】伝え方 / 松永光弘【要約・もくじ・評価感想】 #伝え方 #松永光弘

【全目次】伝え方 / 松永光弘【要約・もくじ・評価感想】

松永光弘さんの「伝え方――伝えたいことを、伝えてはいけない。」の全もくじを紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

目次

伝え方の要約

伝え方――伝えたいことを、伝えてはいけない。を要約しました。

「伝え方――伝えたいことを、伝えてはいけない。」の本は、伝え方の基本を「整理整頓」し、伝えたいことをはっきりと「納得以上」に伝えることを強調。第2章では、「よさ」と「わけ」で魅力を語り、〈メッセージ〉の形式に意識を向けます。第3章では、「要素メモ」と「思考の型」を用いて〈メッセージ〉を見つけ、最適化のために「同分解展」モデルが紹介されます。最後に、「向こう側」と「高さ」の視点を大切にするヒントが提供されています。

【伝え方 目次】第1章「伝え方」には原則がある -伝えたいことを、伝えてはいけない。【松永光弘・要点・もくじ】

はじめに

はっきりわかっているから、はっきり伝えることができる」が基本。

文章を書くとは「整理整頓」すること。

やっぱり、いきなり書きはじめてはいけない。

「伝わる」とは、納得以上を生みだすこと。

コミュニケーションの橋」は、じつは2つある。

伝えたいことを、伝えてはいけない。

「自分ごと」だから、受け手は耳を傾ける。

「「伝える」の本質は〈メッセージ〉にある。

【伝え方 目次】第2章 「伝え方」に引力をもたせる -〈よさ〉と〈わけ〉で魅力を語る。【松永光弘・要点・もくじ】

必要なのは、必要性。

〈よさ〉と〈わけ〉で魅力は語られる。

〈メッセージ〉の形式を意識する。

受け手がちがうのに、魅力が同じでいいはずがない。

メッセージ〉は編集から生まれる。

「学校の作文」は、なぜ書きづらいのか。

「なにをいうか」「どういうか」以上に「なぜいうか」が大切。

【伝え方 目次】第3章「伝え方」の軸をつくる –5つの要素で〈メッセージ〉を見つける。【松永光弘・要点・もくじ】


「要素メモ」と「思考の型」で〈メッセージ〉を見つける。

コミュニケーションは、可視化すれば、 とらえやすくなる。

答えを出すために、くり返すために、「思考の型」をつかう。

既知にも、未知にも、人は惹かれない。

〈わけ〉は、じつはたくさんある。

より適切なメッセージ〉を見つけるために。

【伝え方 目次】第4章 「伝え方」を最適化する -<メッセージ>の効用と「同分解展」【松永光弘・要点・もくじ】

メッセージ〉が表現を連れてくる。

メッセージ〉がなければ、そもそも推敲できない。

選べないのは、「見る目がないから」じゃない。

文章にとって、いちばん大切なことはなにか。

「起承転結」では読んでもらえない。

「説明・案内文」を書くなら「同分解展」モデル。

疑似体験できると納得しやすい。

【伝え方 目次】付録「もっと伝える」ための2つのヒント【松永光弘・要点・もくじ】


もっと伝えるために①
「向こう側」という目線

もっと伝えるために②
「高さ」という目線

おわりに

伝え方の評価・感想・口コミ【松永光弘・Amazonレビューを引用】

プロが教える秘伝のような、伝え方指南書

この本は、日本でたぶん唯一の「編集家」を名乗る松永さんによって執筆された一冊で、なぜ人が伝えることを悩むのか、どうすればより伝わるのか、そしてそうすることでどんな未来が待っているのかをわかりやすく解説しています。SNSやメールでの対話が伝わらない感じをモヤモヤされている方や、表現スキルを向上させたいライターやデザイナー、さらには論文を書かなければならない大学生や大学院生の方々にとっても、読むことで「あぁ、伝えたいことがちょっと上手くなってるかも・・」という気づきが得られると思います。最近流行のChatGPTで生成される文章の質を上げるのにも、松永さんのメソッドを知っていると役立ちそうです。私は年間300冊以上の本を読んでいますが、こちらは今年一番のおすすめです!

これこそ、インクルーシブコミュニケーション!!

ほんと、思ったままに書き出してはいけないです。この本を読むとつい書き手が自分のことしか考えていないことがわかります。インクルーシブコミュニケーションを学べますよー😊🎵🎶

レビュー一覧

伝え方の内容説明【松永光弘・もくじモクホン】

【全目次】伝え方 / 松永光弘【要約・もくじ・評価感想】
【全目次】伝え方 / 松永光弘【要約・もくじ・評価感想】
【全目次】伝え方 / 松永光弘【要約・もくじ・評価感想】
【全目次】伝え方 / 松永光弘【要約・もくじ・評価感想】
【全目次】伝え方 / 松永光弘【要約・もくじ・評価感想】

お話も、文章も、デザインも、「伝え方」の原則は同じ──。
今までになかった新・バイブル登場。

大学教授、医師、経営者、マーケター、コンサルタント、営業パーソン、ビジネスプロデューサー、小学校教師、自治体職員、地域活動家、ライター、編集者、コピーライター、デザイナー…など、各方面から反響続々。

何かを伝えるとき、長文メールになって
「結局、何が言いたいかわからない」と言われる……。

話していても、いろいろ情報を詰め込みすぎて、
うまく伝わらない……。

なぜ、「結局、何が言いたいかわからない」と言われるのか?なぜ、順序立ててはずなのに、わかってくれないのか?

それは、コミュニケーションのメカニズムを理解していないからです。本書は、プロがたどり着いた「伝わる」原則を一冊にまとめました。すべての「伝わらない悩み」はひとつの方程式で解ける!

引用元

松永光弘 さん著書もくじ一覧
松永光弘 さん著書Amazon一覧

松永光弘 著者目次関連本【もくじ・モクホン】

モクホン オススメの本目次記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次