アービンジャー・インスティチュート

【全目次】自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ・評価感想】 #自分の小さな箱から脱出する方法

2022年4月12日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

アービンジャー・インスティチュート さんの「自分の小さな「箱」から脱出する方法」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】第1部「箱」という名の自己欺瞞の世界 【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter1 「君には問題がある」【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「自分ほど努力してきた人間はいない」

「成功してきたわたし」の問題点

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter2 自分だけが気づいていないこと【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

誰にも気づかれないと思ってやっていること

無能な部下に、「我慢」してつき合っている?

「君のやり方は間違ってる!」

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter3 何も見えない状態に陥るとき【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

家族を守るために、仕手優先は当然?

なぜ、自分だけが「蚊帳の外」なのか

「自分が思い込んでいた現実」を検証する

見えなかった「問題」に気付く

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter4 さまざまな問題のもとになっている一つの問題【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

問題の「原因」を追究する

あなたの中の「自己欺瞞」がトラブルを呼ぶ

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter5 効果的なリーダーシッブを支えるもの【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「最初のミーティング」で与えられた課題

相手をやる気にさせる「マネージメントの原則」

「相手が自分をどう感じているか」

妻が不機嫌なのは「夫の本音」を見抜いているから?

「いっそ認められないほうがましだ」

相手を献身的な気持ちにさせる

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter6 自己欺瞞に冒されている人ほど問題が見えない【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「自分」と「自分以外の人たち」

「わたし」には「特権」がある?

箱の外にいるか、中にいるか

相手がどう感じたかを考えてみる

成功の原因を作っているもの

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter7 目の前の相手は「人」か、「物」か【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

問題はどこにあるか

仕事に対する情熱をかき立てるもの

「行動」は間題じゃない

箱の外に出たままでいられるか

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter8 うまくいかないのは自分だけが悪いのか?【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

一緒に仕事をしたくないタイプ

一人の人間として相手と向き合う

相手が箱の中に人っていたら⋯⋯?

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】第2部 人はどのようにして箱に入るか【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter9 箱に入っているのは、あなた一人じゃない【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「自分」はどう変わっていくのか

いつも箱の外にいる必要はない

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter10 箱の中に押し戻されてしまうとき【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

組織における人間間係の問題

「自分だけが努力しても変わらないのではないか」

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter11 あなたを箱の中に追い込む「自分への裏切り」【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「自分がすべきこと」に背く

「相手のすべきこと」を青める

被害者の自分を正当化する

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter12 ほんとうに相手が悪いのか? 自分を正当化できるのか?【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

相手のことを「ひどい人間」だと感じるとき

「しない理由」を相手の欠点に結びつける

自分に都合のいい考え方

「自分への事切り」を正当化する

「わたし」を怒らせる相手が悪い?

剣を振り回しているのは誰だ?

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter13 他の人たちが何を必要としているか【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「箱」の中での生活

相手だって反省する必要がある?

箱に人るのは、誰かのせいなのか

「自己正当化イメージ」について

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter14 なぜ自分ばかりが責められるのか【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

箱の中に入るようにしむける行為

なぜ自分が望む方向に進まないのか

「箱」の中は居心地がいい

共謀して「ひどい相手」を非難する関係

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter15 自分の気持ちはどこに向いているか【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「仕事の成果」に集中するには

「細菌」をまき飲らしていた張本人

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter16 箱の問題は、なぜ解決しなければならないか【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「問題」を引きおこすもの

「伸びる会社」にとって何よりも重要なこと

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】第3部 箱からどのようにして出るか【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter17 「素直な自分」を引き出す【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

自分の気持ちを話したくなる人

「変化のきっかけ」をつかむ

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter18 「どうすれば箱の中から出られるか」【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

自分の中の「嘘」に気づく

自分以外はみんなが無能に見えるとき

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter19 人として、相手と接する【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「箱の外」にいるときの自分

「いい感じ」を保ち続けるには…?

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter20 箱の中にいるときにしても無駄なこと【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

相手を変えようとしてもうまくいかない

相手と張り合っている自分に気づく

「箱の世界」のコミュニケーション

人間関係にテクニックは有効か

自分の行動は変えられるか

頑張れば頑張るほどうまくいかない?

箱から出るために何をすべきか

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter21 自分が楽な人間関係を選択する【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

相手に逆らうのをやめてみよう

「自分が間違っているのかもしれない」

「相手のため」に行動することは損か

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter22 何のために努力するのか【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

「ひどい人間」が自分をダメにする?

箱の中にいる限り問題は解決できない

リーダーのあるべき姿

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter23 本気にならなければ人はついてこない【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

相手に伝えなければならないこと

「君の力が必要なんだ」

【自分の小さな「箱」から脱出する方法 目次】Chapter24 二度目のチャンスは用意されている【アービンジャー・インスティチュート・要点・もくじ】

次の段階に進む前に

人に力を貸すにはどうすればいいか

相手を知りさえずれば、怖いものは何もない

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュートの内容説明

【全目次】自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

世界150万部の不朽の名作!
テレビ東京「モーニングサテライト」の「リーダーの栞」にて紹介されて大反響!

Google、Apple、Microsoftなどなど、数々の有名企業が研修に採用!
ラグビー日本代表、五郎丸選手も推薦!

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしている。
それこそが、本書のいう「箱に入っている状態」である。

「どうして彼は問題ばかり起こすのか?」
「なぜパートナーは勝手なことばかり言いだすのか?」

こうした問題を、私たちは「相手の問題」と考えがちだが、本当の問題は「自分」にある。
読み進めるうちに、家庭や職場での人間関係を深め、十分な成果を出す環境を作る方法を学べる。
世界的ベストセラーであり、日本でも25万人が読んで大反響を巻き起こした名著。

続編は、よりビジネスに特化した『管理しない会社がうまくいくワケ~自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇』として、2017年に刊行されている。:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】自分の小さな「箱」から脱出する方法 / アービンジャー・インスティチュート【Amazonレビューを引用】

Amazon

単なる思いやりのススメではないですよ。

単なる「他者への思いやり」を勧める本ではないですよ。私はこの本と、「バカの壁」、「許すということ」の3書で人間関係の諸問題は瓦解すると思っています。要約するなら「目からウロコを落とす本」ということだと思います。大抵の人が自己の信念や美学の「殻」に閉じ籠って、人や社会を見ていて、他者の価値観なんて理解しないで断定して生きてるよね、みんなそのことに気がつかず、日々起こりうる出来事に、自分の目だけで反応している。そのことにまず気がつこう、という内容です。 ちょうどあたかも映画「マトリックス」でみんな「システム」に現代社会で生活する「夢」を見させられていて、その実、システムが稼働するためのエネルギーを吸い取られていて、それに気づいていない、というくらい、この書籍で書かれている「箱」に閉じ籠って世の中を見ているか、自分の箱を飛び出して俯瞰できるか、それくらいの違いがあると思います。三角測量を用いることで、正確な距離を導きだして精緻な地図を描けるように、他者との距離感を立体的に掴めるようになるとさえ思います。少なくとも、自分の中ではそのように他者を分析しながら受け止められるようにはなると思います。もちろん、義憤することやすれ違うこと、誤解を受けることにより、余計に苦しんだりすることもありますが、以前よりは平穏に過ごせるようになりました。 簡単な要約はかえって箱になりますよ。

Amazon

人間関係の全てを解決するポテンシャルを秘めた本

人間関係で悩んでる人は是非読んで欲しい本。どんなにクズで非道い奴だと思っている相手でも、その人とのトラブルの原因を作り出しているのは自分にもあるのだと気づかせてくれる。また、トラブルに本当に全て相手に責任があるとしても、自分がトラブルをさらに助長させるような態度をとっている可能性があることがわかる。面白かったのは行動を変えても効果はなく、心の奥底で相手をどう思っているかを変えないと「箱」からは出られないということ。相手が悪いという考えをやめ、自分に非はなかったか?を考えられるようにならなければいけない。 :レビュー一覧


著書関連ページ
アービンジャー・インスティチュート さん著書もくじ一覧
アービンジャー・インスティチュート さん著書Amazon一覧

【全目次】日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則 感情に振りまわされない人生を選択する / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則 感情に振りまわされない人生を選択する / アービンジャー・インスティチュート【要点・もくじ・評価感想】 #日常の小さなイライラから解放される箱の法則 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

人気のジャンル

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-アービンジャー・インスティチュート
-, ,