Audible 安藤広大

【全目次】リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法 / 安藤広大【要点・もくじ・評価感想】 #リーダーの仮面

2022年4月10日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法 / 安藤広大【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

安藤広大 さんの「リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【リーダーの仮面 目次】はじめに なぜ、「リーダーの言動」が大事なのか?【安藤広大・要点・もくじ】

優秀な人ほど犯す2つの「失敗」

リーダータイプは才能なのか?

「5つのポイント」以外はスルーしていい

その「ひと言」は後から効いてくるか

「仮面」はあなたを守ってくれる

なぜ、会社は「変わらない」のか

【リーダーの仮面 目次】序章 リーダーの仮面をかぶるための準備 「錯覚」の話【安藤広大・要点・もくじ】

感情的なリーダーが犯した失敗

組織マネジメントは「数学」だった

いかなるときも「個人的な感情」を横に置く

上がったテンションはやがて下がる

「5つのポイント」だけで別人のように変われる

「モチベーション」という病

序章の実践 プレーヤーから頭を切り替える質問

【リーダーの仮面 目次】第1章 安心して信号を渡らせよ 「ルール」の思考法【安藤広大・要点・もくじ】

「自由にしていい」はストレスになる

ルールを「決める人」と「守る人」

「空気の読み合い」はもうやめよう

お互いの「イライラ」をなくすことから

ルールは「誰でも守れる」が絶対条件

ルールが「仲間意識」を生み出す

「部下からの反発」を乗り越えるには

「リーダー失格」の行動とは何か

チームにとっての「要注意人物」

「ダメなルール」はみんなを混乱させる

「自分を主語にする」という姿勢

「誰が何をいつまでにやるか」を明確にする

「やり方」を変えるベストタイミング

第1章の実践「姿勢のルール設定」をやってみる

【リーダーの仮面 目次】第2章 部下とは迷わず距離をとれ 「位置」の思考法【安藤広大・要点・もくじ】

ピラミッド組織を再評価しよう

「責任者」がいないと何も動かない

ただの「伝達係」になっていないか

位置によって「見える景色」が異なる

リーダーの視点は「未来」に向けられている

「お願い」ではなく「言い切り」で任せる

リーダーは「お願い」をするな

「言い切ること」に慣れよう

「あれって、どうなった?」を言わないルール設計

ストレスのない「正しいほうれんそう」をしているか

部下がストレスを感じる「ほうれんそう」とは

「寄り添ってほしい」という誇大妄想

「報告・連絡」と「相談」は異なる

「これパワハラ?」問題を乗り越える

部下と「友達関係」になっていないか

「孤独を感じる」ができるリーダーの条件

学校ではなく「塾」を目指せ

リモートによって「あいた距離」を維持しよう

小集団をつくってしまう「残念なリーダー」

「飲みニケーション」は完全に終わった

第2章の実践 「正しいほうれんそう」やってみる

【リーダーの仮面 目次】第3章 大きなマンモスを狩りに行かせる -「利益」の思考法【安藤広大・要点・もくじ】

部下の「タテマエ」を本気にするな

どこまで行っても「組織あっての個人」

「集団の利益」から「個人の利益」が生まれる

リーダーは「恐怖」の感情を逆に利用する

事実だけを拾い、「言い訳の余地」をなくしていく

健全なる「競争状態」をつくる

第3章の実践 「言い訳スルー」をやってみる

【リーダーの仮面 目次】第4章 褒められて伸びるタイプを生み出すな -「結果」の思考法【安藤広大・要点・もくじ】

他者の「評価」からは誰も逃げられない

リーダーは「プロセス」を評価してはいけない

「いい返事」に惑わされるな

リーダーがやるべき「点と点」の管理術

「結果」を元に次の目標を詰める

第4章の実践 「点と点の目標設定」をやってみる

【リーダーの仮面 目次】第5章 先頭の鳥が群れを引っ張っていく 「成長」の思考法【安藤広大・要点・もくじ】

「不足を埋める」から成長が生まれる

チームが成長するとき、必ず起きていること

「変わった気になる」を徹底的になくしていく

第5章の実践 「とにかく一度行動させる」をやってみる

【リーダーの仮面 目次】終章 リーダーの素顔【安藤広大・要点・もくじ】

もっとも「人間」を追求したマネジメント

リーダーは「逃げ切ろう」とするな

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法 / 安藤広大の内容説明

【全目次】リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法 / 安藤広大【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

大ヒット 29万部突破!!
2021年、最も売れたリーダーシップ書!!

◎2021年年間ベストセラーランキング第6位 (ビジネス部門。トーハン、日販調べ)
◎管理職の「ホンネとタテマエ」を言語化した、マネジメント書の決定版。
◎リモートワークとも相性抜群の「これからの組織論」!!
◎全国で2000社以上が導入した、いま最も人を成長させる「識学」を公開。
「識学」とは、組織内の誤解や錯覚がどのように発生し、どのように解決できるか、その方法を明らかにした学問です。
2019年度に新規で上場した会社のうち、7社が識学を導入しており、「いま、最も会社を成長させる組織論だ」と、口コミで爆発的に伸びています。

この本は、そんな識学のメソッドを元に、「若手リーダー」に向けてマネジメントのノウハウを伝えるものです。
初めて部下やスタッフを持つような人、いわゆる「中間管理職」を想定しています。

最初のリーダーの失敗は、その後のキャリアにおいても、課長の失敗、部長の失敗、社長の失敗、フリーランスの失敗、創業者の失敗へとつながります。
なので、本書の内容は、人の上に立つ立場の人であれば、誰しもが気づきを得られるものになっています。:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法 / 安藤広大【Amazonレビューを引用】

Amazon

現代的なリーダーシップ論

久しぶりに実用書らしい実用書だったというのが感想です。 飲み会で本音で語りあおう,というリーダー像を否定しているあたり, 今の時代にマッチしていると思います。納得感が高い一冊。そして,著者が強調するように知識は身体性を伴わなければ意味を持たないということであれば,この本を読んで満足するだけでは意味が無いということでしょう。
「まず一度やってみてください。やってみれば見えてくるモノがある。」はまずは自らに言い切ることにします。

Amazon

組織マネージメントの真髄

優しい平易な文章で組織マネージメントの極意が書かれています。刺さりまくりました。本の通りにやれば良い結果が出ることに確信を持ちました。 :レビュー一覧

著者関連
安藤広大 さん著書もくじ一覧
安藤広大 さん著書Amazon一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-Audible, 安藤広大
-, , , , , , , ,