ジョージ・S.クレイソン 本を音声で聞く

【全目次】バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか / ジョージ・S.クレイソン【要点・もくじ】

2021年11月20日

【全目次】バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか / ジョージ・S.クレイソン【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト

ジョージ・S.クレイソン さんの「バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【バビロンの大富豪 目次】プロローグ こんなに働いているのに、どうしてお金が貯まらないのだろう【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

はじめに――古代都市バビロンの市民は、世界で最も裕福な人々だった

――戦車職人バンシアの素朴な疑問

バビロンという豊かな都市に住んでいながら、 貧乏生活から抜け出せない戦車職人バンシア。しかしその頃、 彼の友人アルカドは、バビロン一といわれるほどの巨万の富を築いていた。 バンシアはアルカドの知恵を授かりに、彼のもとを訪ねることを決心する。

【バビロンの大富豪 目次】第一話 財産を築くには不滅の「原則」があった【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――富豪の金貸しアルガミシュの忘れ得ぬ言葉

アルカドが大富豪になり得たのは、知恵者である金貸しの アルガミシュから、ある「原則」を学んだためであった。 その「原則」は、「稼いだものは、すべてその十分の一を 自分のものとして取っておく」ということから始まっていた。

【バビロンの大富豪 目次】第二話 富をもたらす黄金の「七つの知恵」とは【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――大富豪アルカドの価値ある講義

大富豪アルカドは「富を得る方法」を教授するよう国王から命じられた。 百人の受講者を前に、彼は一日に一つずつ
その「黄金の知恵」を解き明かしてゆくのだった。 まずは、「第一の知恵――財布を太らせることから始めよう」⋯⋯。

【バビロンの大富豪 目次】第三話 「幸連の女神」が微笑む人間とは【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――大富豪アルカドと受講者たちの白熱の議論

アルカドと彼の講義の受講者たちは「幸運の女神」について意見を闘わせていた。 やがて分かってきたことは――誰にでもチャンスは訪れる。 そして女神もついてくる。しかしその与えられたチャンスを活かして 実行に移さなければ、いつまで経っても 女神に気に入られることはないだろうということだった。

【バビロンの大富豪 目次】第四話 金貨の袋か、「知恵の言葉」が刻まれた粘土板か【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――大富豪アルカドの息子ノマシアの苛酷な試練

アルカドの息子ノマシアは、父の命により金貨一袋と「五つの黄金法則」 が刻まれた粘土板を渡され、十年の長い旅に出た。彼はたちまちのうちに 金貨を失ってしまうが、粘土板に記された言葉に従い、 以後ひたすらその実践に励むのだった。そして十年の後⋯⋯。

【バビロンの大富豪 目次】第五話 自ら稼いだ資金の連用は、こうして決める【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――富豪の金貸しメイソンの忌憚なき忠言

槍職人ロダンは、仕事の褒美として国王からなんと金貨五十枚を 受け取ったのだが、その使いみちとなると途方にくれるばかりだった。
その運用法について金貸しメイソンに教えを乞うと、メイソンは 自分のところに預けられたままになっている担保の品々を示し、 それにまつわる秘話を語るのだった。

【バビロンの大富豪 目次】第六話 「強固な城壁」は、人々を恐怖や不安から守ってくれる【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――老戦士バンザルの確固たる自信

城壁警護の老戦士バンザルは、敵の急襲を目のあたりにしていた。 しかし巨大かつ強固に造られたバビロンの城壁は、 敵の激しい攻撃に耐え、見事バビロン市民の命を守り抜いてくれたのだった。

【バビロンの大富豪 目次】第七話 奴隷に成り下がっても、「人間としての誇り」を忘れなかった男【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――元奴隷、富豪の駱駝商人ダバシアの数奇な体験

大商人ダバシアはかって若い頃、借金をして首が回らなくなり、 強盗を働いた末、奴隷にされてしまった。彼がいかにして 奴隷としての地獄の日々を抜け出し、バビロンの地へと帰還したのか。 不遇な半生を支えたのは、ある決意だった。

【バビロンの大富豪 目次】第八話 「バビロンの知恵」は現代にも通用するか【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――出土した粘土板が伝える貴重な記録

バビロンに戻った元奴隷のダバシアが借金を返済してゆく過程は、 発掘された五枚の粘土板に記録されていた。 現代の考古学者シュルーヴェリィは、その知恵を 自らの生活再建のために応用してみるのだが⋯⋯。

【バビロンの大富豪 目次】第九話 幸福 それは「労働の喜び」を知ること【お金 ジョージ・S.クレイソン・要点・もくじ】

――元奴隷、富豪の大商人シャルゥ・ナダの愛ある教え

バビロンへとキャラバンを率いる大商人シャルゥ・ナダは、 一人の若者を伴にしていた。怠け者で浪費癖のついたこの若者は、 実はシャルゥ・ナダがかつて大恩を受けた人物の孫であった。 彼は恩人と自らの過去を打ち明けることによって、 この若者の目を覚まさせ、「働くこと」のすばらしさを教えようとするのだった。

おわりに ――富が支えていたバビロンの繁栄(物語の舞台とその背景)

付記

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか / ジョージ・S.クレイソンの内容説明

不滅の名著!
現代にも通用する大富豪たちの成功の秘密とは!?
「冨とは、手に入れるための単純な法則を理解し、それを守りさえすれば、いくらでも手にすることができる」と断言。人生の指針と勇気を与えてくれる「黄金の知恵」と胸躍るストーリー!
本書、『バビロンの大富豪』(原題「THE RICHEST MAN IN BABYLON」)は、刊行以来80年以上経過している作品ですが、いまだにその人気は衰えることを知らず、欧米の多くの人に愛読され続けている名作です。
本書の書かれた1920年代と現代とでは、社会背景や経済情勢など表面的には大きな変化をとげていますが、しかし、本書の核心をなす「繁栄と富と幸福の原則」は全く不変であり、むしろ現在の日本においてこそ、学ぶべき内容といえましょう。
老若男女を問わず、ぜひ多くの方々に本書に綴られている「黄金の知恵」を知っていただき、日々の暮らしの中に活かしていただけたら、と願っています。
なお本書は、『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房刊)、『自分を超える法 』(ダイヤモンド社刊)、『史上最高のセミナー』(きこ書房刊)など、多くの書籍や雑誌で紹介され、高額納税者として知られる斎藤一人氏の推薦図書にもなっています。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】バビロンの大富豪 / ジョージ・S.クレイソン

Amazon

分かりやすく金融リテラシーを体得できる

約100年前の書籍ですが金融に関して現代にも通用する普遍性が本書には記されています。金融教育がほぼ行われない日本において中学生くらいから本書を読んでおくと、良好な金融リテラシーを身につける事ができるでしょう。特に日本人は本書における7つの知恵のうち、3つ目の「貯めた資金は寝かさずに増やすべし」と、4つ目の「損失という災難から貴重な財産を死守すべし」ということに関する知恵は世界に後塵を拝しているように思えますのでこの二つの部分だけ読んでみても大いに役に立つことでしょう。 :レビュー元

Amazon

中学生になる友人の子どもにプレゼントしました

この商品を購入するのは自分用とプレゼント用で5度目です。商売やビジネスをする上での基本中の基本が書かれています。 :レビュー元

モクホン著者一覧・ジャンル一覧

モクホンで本の目次を紹介した著者一覧【全目次】
本の目次で人気のジャンル・カテゴリ一覧まとめ!面白い・良い本を探している人必見!【モクホン全目次】
Amazon オーディオブック Audible(オーディブル)は、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト 

本は好きですか?
最新記事をお届けします。

Twitter で更新情報を受け取る

-ジョージ・S.クレイソン, 本を音声で聞く
-, , , , , , ,