本を音声で聞く( #Audible ) 西岡壱誠

【全目次】東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 西岡壱誠【要点・もくじ・評価感想】 #東大思考

2022年3月31日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 西岡壱誠【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

西岡壱誠 さんの「「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【東大思考 目次】はじめに 思考回路を変えたら、東大生になれた【西岡壱誠・要点・もくじ】

東大生の頭のよさは、誰にでも身につけられる

東大生の「頭のよさ」をつくる5つの思考回路

【東大思考 目次】PART1 日常生活で「地頭力」がグングン高まる東大思考【西岡壱誠・要点・もくじ】

PART1 日常生活で「地頭力」がグングン高まる東大思考

【東大思考 目次】CHAPTER0 「東大生の頭のよさ」は日常生活でつくられる【西岡壱誠・要点・もくじ】

東大生の地頭は「日常の解像度」が高いから鍛えられる

「東大生の頭のよさ」を身につける「日常の解像度」の高め方

【東大思考 目次】CHAPTER1 原因思考で「たくさんのことを一度に記憶」できる 東大生は「覚えることを最小限に」絞り込む【西岡壱誠・要点・もくじ】

①東大生は、覚える前に「知識を変換」する

東大生の「暗記力」は、普通の人と大差ない

頭のいい人は「日常の解像度」が高いから覚えられる

頭のいい人は「収納」がうまい

②原因探しで、暗記しなくても「自然に覚えられる」:原因思考①

目の前の出来事には、必ず「原因」がある

「原因探し」の5STEP

③関連づけで、一度覚えたことは「絶対に忘れない」:原因思考②

「関連づけ」で、記憶の棚に整理する

「関連づけ」の5STEP

【東大思考 目次】CHAPTER2 上流思考で「難しいことを超わかりやすく要約」できる 東大生は「物事の背景」から考える【西岡壱誠・要点・もくじ】

①東大生は、最初に「物事の背景」をキャッチする

頭がいい人は「情報の整理」がうまい

東大生はいつも「そもそも」を考える

②流れ探しで「超わかりやすい要約力」が身につく:上流思考①

目の前の出来事には、必ず「上流」がある

「流れ探し」の4STEP

③要約づくりで「みんながうなずく説得力」が身につく:上流思考②

「要約づくり」で、上流と下流をつなげる

「要約づくり」の4STEP

【東大思考 目次】CHAPTER3 目的思考で「どんな人にも必ず伝わる説明」ができる 東大生は「何のため」を明確にする【西岡壱誠・要点・もくじ】

①東大生は、自然と「相手に合わせた説明」をしている

頭がいい人は「説明力」が優れている

頭のいい人は「相手が知っていること」に関連づけて話す

説明がうまい人は「たとえる力」が高い

②目的探しで「何を話せばいいか」が明確になる:目的思考①

手段ではなく「目的」こそ大切

人がやることには、必ず「目的」がある

「目的探し」の4STEP

③手段選びで「相手にとっていちばんわかりやすい」説明ができる:目的思考②

「手段選び」で、目的を相手の既知と結びつける

「手段選び」の4STEP

【東大思考 目次】CHAPTER4 裏側思考で「普通は思いつかないひらめき」が湧く 東大生は意識的に「複数の視点」で考える【西岡壱誠・要点・もくじ】

①東大生は「一を聞いて十を知る」ことができる

秀でた発想力に図抜けた頭脳はいらない

発想力がある人は「目のつけどころ」をたくさん持っている

頭がいい人は「対立する立場」のどちらも理解する

②裏側探しで「新しい視点」を手に入れる:裏側思考①

頭のいい人は、あえて「反対の意見」を考える

「裏側探し」の5STEP

③視点探しで「さまさまなものの見方」を身につける:裏側思考②

「視点探し」でアイデアがどんどん深まる

自分自身でディベートする「視点探し」

「視点探し」の4STEP

【東大思考 目次】CHAPTER5 本質思考で「どんな問題もスラスラ解決」できる 東大生は「ミクロ」と「マクロ」を行き来する【西岡壱誠・要点・もくじ】

①東大生は、「問題を解決する力」が優れている

問題解決には「伏線を見つける能力」が大切

「ミクロな視点」と「マクロな視点」

頭のいい人は「ミクロな視点」と「マクロな視点」を自由に行き来する

②本質探しで「もっとも大切なこと」を抽出する:本質思考①

本質をとらえられる人こそが、頭のいい人

「本質探し」の3STEP

③本質つなぎで「具体と抽象」を行き来する:本質思考②

最速で本質を探す究極の方法

本質と日常をつなげる「本質つなぎ」の4STEP

【東大思考 目次】PART2 「地頭がいい人」の頭の中はこう動いている 「東大思考」実践編【西岡壱誠・要点・もくじ】

PART2 「地頭がいい人」の頭の中はこう動いている 「東大思考」実践編

【東大思考 目次】CASE0 東大思考は「あらゆる場面」で「一生」使える【西岡壱誠・要点・もくじ】

「わかる」から「できる」を目指す

東大思考は「起きている間」ならいつでもできる

【東大思考 目次】CASE1 「よく覚えてるな、そんなこと!」と言われる人の頭の中【原因思考】【西岡壱誠・要点・もくじ】

①業務連絡や会議の内容を絶対に忘れない人

②「なぜそうなるのか」を理解するから忘れない【原因思考】

【東大思考 目次】CASE2 「めっちゃプレゼンうまいよね!」と言われる人の頭の中【上流思考】【西岡壱誠・要点・もくじ】

①圧倒的にわかりやすいプレゼンをする人

②「そもそも」から伝えるから誰にでもわかる【上流思考】

【東大思考 目次】CASE3 「あの人の指示、わかりやすい!」と言われる人の頭の中【目的思考】【西岡壱誠・要点・もくじ】

①相手が絶対に誤解しない指示を出す人

②「目的」「手段」両方伝えるから確実に伝わる【目的思考】

【東大思考 目次】CASE4 「なんでそんなこと思いつくの?」と言われる人の頭の中【裏側思考】【西岡壱誠・要点・もくじ】

①多彩なアイデアを次々と思いつく人

②「視点」を変えるから多様なアイデアが浮かぶ【裏側思考】

【東大思考 目次】CASE5 「あの人に任せておけば大丈夫!」と言われる人の頭の中 【本質思考】【西岡壱誠・要点・もくじ】

①どんな問題もスパッと解決する人

②本質的な課題を見極めるから問題が解ける【本質思考】

【東大思考 目次】卷末付録「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく【西岡壱誠・要点・もくじ】

東大思考のポイントを一挙に掲載!

おわりに

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 西岡壱誠の内容説明

【全目次】東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 西岡壱誠【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 西岡壱誠【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

■発売1カ月で10万部突破!■

「東大生は、なんで頭がいいの?」

実は「生まれついての才能」なんて関係ない!
東大生は、「日常から、広く、深く考える思考習慣」がついているから、
あらゆることが「最高の教材」に早変わりするだけなのです。

「東大生の頭の良さ」にあこがれ、誰よりも深く研究することで、
偏差値35からの「奇跡の東大合格」を果たして人生を変えた筆者が、
どんな人でも「東大生の頭の良さ」を再現できる「5つの技術」を紹介します!

【著者からのメッセージ】
どんなに勉強しても偏差値35だった僕は、この「考える技術」にたどり着いたとき、
「頭の良さ」ってこういうことか――と感動しました。
僕の東大合格を支えたこの「考える技術」に、「生まれついての才能」なんて関係ありません。
こんな僕にもできたんですから。あの感動を、ぜひ皆さんにも味わっていただけたら嬉しいです。

【誰もがうらやむ「5つの頭の良さ」が手に入る!】
「よく覚えてるな、そんなこと!」――絶対に忘れない記憶力
「めっちゃプレゼンうまいよね!」――難しいことも的確に伝える要約力
「あの人の解説、わかりやすい!」――誰にでも必ず理解させる説明力
「なんでそんなこと思いつくの?」――自然とあふれる「ひらめき」力
「あの人に任せておけば大丈夫!」――頼りにされる問題解決力 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】東大思考 「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく / 西岡壱誠【Amazonレビューを引用】

Amazon

本質を捉えるためのフレームワークを学べる本

多くの東大生に共通する「本質を捉える力」について解説した本 要約や説明が上手な人、アイディアの引出しが豊富な人、記憶力の高い人、東大生のイメージとして頭の良いというキーワードに含まれるこれらの特徴の大元には、本質を捉える力が関係していた。 本質を捉えるには、多彩な視点で物事を捉えること、本書ではミクロ・マクロを何回も行き来するという方法が提案されたいた。 視点の転換例として、肯定・否定の両方から考えてみるや下流だけでなく、上流(そもそも)を考えてみるなどがあった。 思考の枝を紡いで行くことが、その本質を知る手がかりになり、本質を知ることができれば、記憶にもアイディアにも反映されるというカラクリ。 これらを実践する最も身近で効果的なのは、日常の解像度を上げること この訓練は誰でもできるし、これを続けてきた人が東大生に多いというのを著者はこの本で説いている。 また、本質を知ることがゴールではなく、目の前の課題や問題に対して、知り得た本質をリンクさせることで初めて本質は意味をなすとも提言していることには共感した。

Amazon

「東大思考」が実践されつつ説明されている

「東大読書」「東大作文」ともに読んで非常に気に入ったので、こちらも買ってみました。発売日当日にお急ぎ便で購入したのですが翌日に届かず……おかしいなと思って調べてみると「発売日当日に重版決定!」とのこと。きっと、Amazonの在庫数を上回る注文が出てしまったということなのでしょう。 今朝届いてから一気に読み進めてしまいました。内容は非常に明瞭に整理されており、私のような凡人でも大変わかりやすく伝わってきました。東大式の思考方法は整理されているということですが、著者自身の思考もしっかりと整理されているからこそ、このような本が書けるのであろうと思わされました。 :レビュー一覧

著書関連ページ
西岡壱誠 さん著書もくじ一覧
西岡壱誠 さん著書Amazon一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-本を音声で聞く( #Audible ), 西岡壱誠
-, , , , , , , ,