勝間和代

【全目次】断る力 / 勝間和代【要点・もくじ・評価感想】 #断る力

2022年1月4日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】断る力 / 勝間和代【要点・もくじ】モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon
勝間和代の「断る力」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【断る力 目次】はじめに【勝間和代・要点・もくじ】

はじめに

「断る力」を身につけてはじめて、コモディティ(汎用品)から抜け出せた』

9割は断るからこそ、引き受けた仕事は全力投球・命がけ

勇気を持って、あなたも「断る力」をつけよう!

【断る力 目次】第1章【総論】「断る力」の圧倒的な効用を理解する 【勝間和代・要点・もくじ】

「断る力」がない人たちは自己主張ができない人たち

「断る力」がないと「2ちゃんねる」で不満をぶちまけてしまう

正しいかどうかは関係ない。あるのは相手の「認識」だけ

アサーティブ、すなわち、賢い自己主張が「断る力」を支える

うつになる人は他人評価に身を委ねてしまう人である

「断る力」をもたないと「子どもサッカー」をプレイしてしまう

「問題集をひたすら解く」ような教育は考える力を失わせる

「コモディティ」にならないためには「スペシャリティ」になる環境を選び抜かなければならない

「断ること」によるデメリットは思ったより少ない

同調はしやすいものと認識しなければならない

会社は同調思考を抜け出せるチャンスになる

「断らないこと」のメリットとは何か

「断らなく」ても嫌われることはゼロに出来ない

「熱狂的なファン」を作ることに集中する

「嫉妬」は必ず生じるものだと割り切る

「嫌われる」リスクを取ろう

だからといって、むやみに嫌われるようには振る舞わない

「悪意」の攻撃に対しては冷静かつ戦略的に対応する

その悪意は「解決すべき問題」か判断する

自分の「悪意」を制御することで、相手の悪意も理解できる

私たちは自分の扱い方を人に教えている

「断る力」を身につけるためには、相手との「対等」な人間関係が必要

「ランク・ジャンケン」主義者が一定割合はいることも割切ろう

第1章のまとめ

【断る力 目次】第2章【ホップ】自分の揺るぎない軸を持つ【勝間和代・要点・もくじ】

自分に責任を持てるのは自分だけ

ビートたけしさんの「毒舌」の正体とは?

「断るリスク」を取る具体的なコツを学ぶ

ネットにおける「果たし状」〜批判を繰り返す人の心理を考える

適切な「自己評価」がすべての基本になる

評価しづらい能力も評価する

「努力」の量はかけた時間で評価できる

自分の評価をするためのより具体的な方法を知る

「客観的評価」を失うことこそ、最も避けるべき状況

「フィードバック」からノイズを取り除きながら、光と影を知る

他者からの評価バイアスで注意すべきこと

「不得意」なものは放っておく割り切りと強さが必要

30代前半までに「軸」を持つのが理想

自分が自分の「コーチ」として実は最適な人材である

第2章のまとめ

【断る力 目次】第3章【ステップ】相手への建設的な影響力を発揮する【勝間和代・要点・もくじ】

「空気」を読んだ上で無視できる力をつける

「影響の輪」を常に意識しよう

上司は思いつきでものを言う

相手への影響とは、相手の力をうまく引き出し「協力関係」を築くことである

「交渉力」はクセである

相手を尊重するからこそ、「断る」

「思考のクセ」を変えるには、手法を知り、行動を繰り返すしかない

「断る力」の発揮を「ロー・リスク」な場所から始めてみよう

「断る」成功体験で、自分に自信ができる

第3章のまとめ

【断る力 目次】第4章【ジャンプ】「断る力」で、自分と周囲の好循環を作る【勝間和代・要点・もくじ】

「断る力」を身につけると、人間関係が目に見えて変わる!!

人との関わりの中で「自分の軸」が革新していく

相手を相対化する

職場でのチームワークをつくる

日常の生活の中で、基礎となる友情・愛情を育む

最後は、間違った考え方、間違った社会にNOを言える力を養うことを考えたい

第4章のまとめ

【断る力 目次】おわりに【勝間和代・要点・もくじ】

おわりに

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

断る力 / 勝間和代の内容説明

私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスするとしたら、「『断る力』を一刻も早く、身につけること」と言うでしょう。(中略)私が相手の言いなりにならずに拒否をする力を身につけることができたと確信したのは、34歳で初めての離婚をしたときからだと思います。そして、その時から、私の世界はドラマティックに変わりはじめました(本文より)。――人生に好循環をつくる、強力な武器「断る力」。そのノウハウを分かりやすく全公開! :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】断る力 / 勝間 和代【Amazonレビューを引用】

Amazon

参考になった!

当方31歳男、断ることが出来ない&分からない事を分かると言ってしまったり、と後々に後悔することや、ストレスを抱え込んでしまう事が多々ありました。この本と出会うことで今一度自分を客観視し、人との接し方、断ることの必要性を再認識できました。断る事はマイナスのイメージありますが、それを可能にするには相手と対等な立場で、インプット、アウトプットする必要があり、労力が必要です。自分軸という言葉にもインパクトを受けましたし、今後自分らしさを発揮できるよう、この本に書いてあった事を参考にしてステップアップしていきます。とても参考になりました。

Amazon

うなずくばかり

自分自身に、優柔不断な所があって、「いやだなぁ~」と思っても、断れず、ずるずるしていたところがありました。そんな時にこの本と出会い、勇気がわいてきて、スパッと、断ることができました。特に、うちの物を盗んだAと一緒にかかわったAの兄弟BとCに、真実を明かす、とDさんに言ったら、『AだけでなくB・Cとも関係が悪くなるよ』と言われ、「いいよ。」と告げました。この、関係が悪くなるから、悪い人をのさばらしておく、というところが、悪しき慣習なのでは?と、強い気持ちがあふれてきたのでした。NHKの『マッサン』を見てても、「日本人は、気持ちにふたをするところがある」という台詞を聞いて、「これだ!」と思ったのでした。嫌われないために、わかってても、気づいてても、知らんぷりをする。そんな生き方が嫌いなので、この『断る力』を読んだ時、胸がすーーーーーっとしました。これからも、理不尽なことは、断ろう。間違いは、指摘していこう。と思いました。 :レビュー一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-勝間和代
-, , , , ,