Audible 三谷宏治

【全目次】経営戦略全史 / 三谷宏治【要点・もくじ・評価感想】 #経営戦略全史 #三谷宏治

2022年11月26日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】経営戦略全史 / 三谷宏治【要点・もくじ・評価感想】 #経営戦略全史 #三谷宏治

三谷宏治 さんの「経営戦略全史」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

記事の目次

【経営戦略全史 目次】第1章 近代マネジメントの3つの源流(1910〜1930年代)【三谷宏治・要点・もくじ】

はじめに

「巨人たちの午後」1
科学的管理の父テイラーと人間関係論の始祖メイヨー

テイラーが怠業と不信、
恐怖が支配する19世紀の工場に「科学的管理法」を導入した

フォードのつくった効率的な大量生産システムが
「大衆社会」を生み出した

メイヨーが「社会的存在としての人間」を見い出した

コラム
マズローの夢、釈迦の諦念

フェイヨルが「企業活動」を定義し
全社的「統治プロセス」をつくった

【経営戦略全史 目次】第2章 近代マネジメントの創世(1930〜60年代)【三谷宏治・要点・もくじ】

「巨人たちの午後」2
経営戦略の真の父アンゾフと最初の経営史家チャンドラー

バーナードは世界恐慌で苦しむトップたちを
「経営者の役割」で鼓舞した

ドラッカーは「マネジメント」の有用性を世に広めた"伝道師"

アンゾフは「市場における競争」の概念を持ちこんだ
「経営戦略」の真の父

チャンドラーは本当に「組織は戦略に従う」と言ったのか?

バウアーはマッキンゼーをつくり「組織戦略」を推し進めた

「巨人たちの午後」3
戦略プランニングの父アンドルーズと
ポジショニング派のチャンピオン・ポーター

アンドルーズは「戦略プランニング手法」を
広めたが戦略自体はアートだと信じた

コラム
SWOT分析の真実

コトラーはマーケティング界のドラッカー

コラム
PLC(プロダクト・ライフサイクル)戦略の衝撃
「マーケティングは死んだ」

【経営戦略全史 目次】第3章 ポジショニング派の大発展(1960〜80年代)【三谷宏治・要点・もくじ】

「巨人たちの午後」4
マッキンゼーの構築者バウァーとBCG創業者ヘンダーソン

ヘンダーソンによるBCGの誕生と
3つの飛躍「時間」「競争」「資源配分」

コラム
「成長・シェアマトリクス」は外部環境と競争の組み合わせ

グラックによるマッキンゼーの逆襲

ポーター
ポジショニング派のチャンピオン登場!

コラム
戦争と経営戦略
クラウゼヴィッツ・ランチェスター・孫武

【経営戦略全史 目次】第4章 ケイパビリティ派の群雄割拠(1980〜90年代)【三谷宏治・要点・もくじ】

キヤノンとホンダ
無鉄砲な日本企業たちの躍進

コラム
トヨタ生産システム。在庫は悪だ!

「巨人たちの午後」5
『エクセレント・カンパニー』のピーターズと
「タイムベース競争戦略」のストーク

ピーターズらが放った反ポジショニング的ヒット作
『エクセレント・カンパニー』

ベンチマーキングで復活した
ゼロックス・サウスウエスト航空・フォード

ストークが東京から放った
「タイムベース戦略」

ハマーの破壊的リエンジニアリングは
自分自身も壊してしまった

ハメルとプラハラードの未来に向けた成長戦略
「コア・コンピタンス」

コラム
味の素のコア・コンピタンス経営

フォスターがリードしたマッキンゼーの「イノベーション戦略」

ターマンが生んだシリコンバレーからイノベーターたちがやってきた

センゲと野中の組織ラーニング

バーニーは「資源ベースの戦略論」で資源優位を説いた、が⋯

【経営戦略全史 目次】第5章 ポジショニングとケイパビリティの統合と整合(1990年代 〜)【三谷宏治・要点・もくじ】

「巨人たちの午後」6
帰ってきたチャンピオン・ポーターと
ケイパビリティ派の学級委員長・バーニー

ポーターが世紀末に放った反撃の一打
『戦略とは何か』

ミンツバーグの「コンフィギュレーション」経営戦略

キャプランとノートンが提唱した管理手法
バランスト・スコアカード

キムとモボルニュは
ポジショニングとケイパビリティを融合した

ベゾスは新しいポジショニングを
新しいケイパビリティで実現した

コラム
恐竜はなぜ「大絶滅」したのか?

【経営戦略全史 目次】第6章 21世紀の経営環境と戦略緒論(2000年代〜)【三谷宏治・要点・もくじ】

「巨人たちの午後」7
若き天才・シュンペーターと
「破壊的イノベーション」のクリステンセン

企業が消えていく
世界環境の不安定化と不確実性

世界の急膨張!
「新興国の台頭」「複雑化」

境界の崩壊
産業・企業・機能の融合と再編

世界が注視する経営テーマ
「イノベーション」
「リーダーシップ」
「ラーニング」
「ネット」
「ソーシャル」
「グローバル化」

クリステンセンがリードする
「破壊的イノベーション」を生む「リーダーシップ」

BOP・新中問層とゴビンダラジャンの
「リバース・イノベーション」

エヴァンスが見抜いた「ネット」の本質

コラム
「ハカる力」が経営を変える

ラーニングの新しい動き
フューチャーセンター、知財戦略、ワーク・シフト

「巨人たちの午後」8
競争から協調へのグラットンと
競争しないブルー・オーシャン戦略のモボルニュ

「ソーシャル」が世界の偉才を惹きつける

【経営戦略全史 目次】第7章 最後の答え「アダプティブ戦略」(2010年代〜)【三谷宏治・要点・もくじ】

ワッツの一撃。
歴史に学ばず、衆知と対照実験に学べ

シュミットとペイジがリードする
グーグルの超・試行錯誤型経営

ハーフォードが『アダプト思考」で指摘した
理想の組織の落とし穴

コラム
日本軍失敗の本質とアメリカ軍失敗の本質

IDEO
ブラウンのデザイン思考。
素早く、軽く、実際に試してみる

コラム
流行を先読みしないアパレルブランドZARA

経営戦略という名の登山
―ここまでのまとめ―

ブランクとリースが実践からつくり出した
「リーン・スタートアップ」

BCGリーヴスはアダプティブ戦略を唱える

【経営戦略全史 目次】補章 全体俯瞰のためのB3(フレームワーク(1996年代)【三谷宏治・要点・もくじ】

「巨人たちの午後」(番外編)
ドラッカーと私

巨象を動かすためのB3Cフレームワーク

B3Cフレームワークで戦場を定義せよ

土俵戦略でジャンプせよ

おわりに

ジャンル

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

【評価・感想・口コミ】経営戦略全史 / 三谷宏治【Amazonレビューを引用】

Amazon

経営戦略にあまり興味がないい人も面白く読める そして引きこまれる

経営戦略なんてよく分からない SWOT分析? なんか研修で使ったことはあるような、、、 いつも現場でばたばた〜と考えながらあまり深く考えずに仕事する私のようなタイプの人間でもとってもおもしろく読めて、そして引きこまれました。 なぜか? 従来のこういった本は、単に手法を深堀しておしつけがましいテクニック本のようなものばかり この本は、先人の苦労の歴史がギュッとつまった400pでした。 先人はきっと戦略に従って成功してきたのではない。いろいろと思考錯誤しながら実行したことが成功した。その成功事例を分析した結果論が経営戦略ではないかと。だから、後輩はそれをベースにまた新たな改善を繰り返す。その一連の歴史が今日の経営戦略なるものでは。だから、経営戦略はこれからも変化するし成長する。経営戦略はそれぞれが独立しているのではなく100年間ず〜と繋がっているのだと。 そんなことを感じさせる一冊です。 日々の仕事の中で、もう少し論理的に効率的に考える必要があるなと。せっかくの先人の苦労を参考にしないなんてもったいないと考えを少し改めました。 きっと自分が成長すれば、読むたびに味が出てくるようなそんな本ではないでしょうか。 また、読み直ししよう

Amazon

知る⇒わかる⇒使う⇒うまくいく ための指南書

企業の経営戦略約100年の歴史をすべての源流から読み解き、最新のコンセプトまで紹介。 経営戦略というフィールドで、・いつごろに ・誰が ・何を ・どのように 主張してきたかを、社会的な時代背景等を踏まえながら、ストーリーとしての展開がされています。 著者が噛み砕き、洗練させた言葉で、とてもわかりやすく説明されており、400ページという長編ながらも 一気に読める構成になっています。 これを読めば、経営戦略の歴史を知ることができます。 知った後、それぞれがどういうものかをわかるところまでも到達できると思います。 そのあと、どう使うか、うまくいくようにするかは、自分次第ですが、この本に触れることで、「知らないことで見落とすこと」はなくせるのではないでしょうか。 :レビュー一覧

経営戦略全史 / 三谷宏治の内容説明

【全目次】経営戦略全史 / 三谷宏治【要点・もくじ・評価感想】 #経営戦略全史 #三谷宏治

【全目次】経営戦略全史 / 三谷宏治【要点・もくじ・評価感想】 #経営戦略全史 #三谷宏治

30万部突破のロングセラー!
戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような 面白いストーリーにある。

大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てられているという点で共通している。戦略とは、必要に迫られて、難しい顔をしながら仕方なくつらされるものではなく、誰かに話したくてたまらなくなるような、面白い「お話」をつくるということなのだ。
本書では、この「ストーリー」という視点から、究極の競争戦略と競争優位、その背後にある思考のパターンの本質を、多くの企業の事例を挙げながら解明していく。
一橋大学ビジネススクールで気鋭の経営学者、初の単独著作。
語り口調を使い、ストーリーを楽しめるような作りとなっている。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

関連記事
三谷宏治 さん著書もくじ一覧
三谷宏治 さん著書Amazon一覧

経営戦略全史を見た後に買っているのは?

ビジネスモデル全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新しい経営学

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

ゼロからつくるビジネスモデル

三谷宏治 オススメ本【モクホン】

【全目次】新しい経営学 / 三谷宏治【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】新しい経営学 / 三谷宏治【要点・もくじ・評価感想】 #新しい経営学 #三谷宏治

経営戦略全史 関連目次本【モクホン】

【全目次】ひとりビジネスの教科書 Premium-自宅起業でお金と自由を手に入れて成功する方法 / 佐藤伝【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】ひとりビジネスの教科書 Premium-自宅起業でお金と自由を手に入れて成功する方法 / 佐藤伝【要点・もくじ・評価感想】 #ひとりビジネスの教科書 #佐藤伝

【全目次】確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 / 森岡 毅【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 / 森岡 毅【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト

【全目次】マーケティングとは「組織革命」である。 / 森岡毅【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】マーケティングとは「組織革命」である。 / 森岡 毅【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-Audible, 三谷宏治
-, , , , , , , ,