森岡毅

【全目次】確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 / 森岡 毅【要点・もくじ・評価感想】 #確率思考の戦略論

2021年12月16日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 / 森岡 毅【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト
森岡 毅の「確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【確率思考の戦略論 目次】序章 ビジネスの神様はシンプルな顔をしている【森岡毅・要点・もくじ】

序章 ビジネスの神様はシンプルな顔をしている

【確率思考の戦略論 目次】第1章 市場構造の本質【森岡毅・要点・もくじ】

1 「客引きの兄ちゃんはみんな同じ顔をしている!」

2 市場構造を理解する意味

3 市場構造とは何か?

4 市場構造の本質はすべて同じ

5 ブランドも同じ法則に支配されている

6 経営資源を集中すべきは、プレファレンスであ

【確率思考の戦略論 目次】第2章 戦略の本質とは何か?【森岡毅・要点・もくじ】

1 勝てる戦を探す

2 戦略の焦点は3つしかない

3 「認知」の伸び代を探す

4 「配荷」の伸び代を探す

5 プレファレンスの伸び代を探す

【確率思考の戦略論 目次】第3章 戦略はどうつくるのか?【森岡毅・要点・もくじ】

1 ゴール地点で見るべきドライバー

2 プレファレンスについて

3 戦略はゴールから考える

【確率思考の戦略論 目次】第4章 数字に熱を込めろ!【森岡毅・要点・もくじ】

1 意志決定に「感情」は邪魔になる

2 人間は意志決定を避ける生き物

3 日本人の相手はサイコパスだと思った方がいい

4 目的からズレるとなぜ危ないのか?

5 意識と努力で冷徹な意志決定はできるようになる

6 確率の神様に慈悲はない

7「熱」を込めて戦術で勝つ

【確率思考の戦略論 目次】第5章 市場調査の本質と役割 プレファレンスを知る【森岡毅・要点・もくじ】

1 市場調査の本質

2 シングル・プロダクト・ブラインド・テスト

3 コンセプト・ユース・テスト

4 購入決定は感情的である

5 道具には用途と限界がある

6 本質的な理解は質的データから

7 未来は質的データから

8 未来が難しいのであれば過去がある

【確率思考の戦略論 目次】第6章 需要予測の理論と実際 プレファレンスの採算性【森岡毅・要点・もくじ】

1 需要予測は大きく外さないことを目指す

2 「絶対値を求めるモデル」と「シェア・モデル」

3 予測モデルは理解のためと、予測の両方に使う

4 予測の精度と予測モデルの精度は異なる

5 ハリー・ポッターの需要予測への挑戦

6 大枠をおさえることが大切!

7 映画の観客動員数からの予測

8 増加率を使った予測

9 テレビCMを使ったコンセプト・テストによる予測

10 コンセプト・テストを基に絶対値を予測する時の注意点

11 一般的なシェアの予測方法(直接プレファレンスを測る)

【確率思考の戦略論 目次】第7章 消費者データの危険性【森岡毅・要点・もくじ】

1 消費者データは、常に現実と対応させて読む

2 消費者データの比率・好嫌いの順番は比較的正確

3 消費者データは「使う目的」と「調査状況」を考慮して使う

4 毒入り消費者データは無味無臭

5 市場サイズの現実は「整合性」を手掛かりに把握

6 データは曇りを取って診る

7 現実は、昆虫のように複眼でみる

【確率思考の戦略論 目次】第8章 マーケティングを機能させる組織【森岡毅・要点・もくじ】

1 前提となる2つの考え

2 マーケティング組織の思想

3 市場調査部の編成

4 組織運営について私が信じていること

【確率思考の戦略論 目次】巻末解説1 確率理論の導入とプレファレンスの数学的説明【森岡毅・要点・もくじ】

1 二項分布(Binomial Distribution)

2 ポアソン分布(Poisson Distribution)

3 負の二項分布(NegativeBinomia Distribution)

4 「ポアソン分布」と「負の二項分布(NBD)」のまとめ

5 売上を支配する重要な式(プレファレンス、Kの正体)

6 デリシュレーNBDモデル

【確率思考の戦略論 目次】巻末解説2 市場理解と予測に役立つ数学ツール【森岡毅・要点・もくじ】

1 ガンマ・ポアソン・リーセンシー・モデル

2 負の二項分布

3 カテゴリーの進出順位モデル

4 トライアルモデル・リピートモデル

5 平均購入額・量モデル

6 デリシュレーNBDモデル

【確率思考の戦略論 目次】終章 2015年10月にUSJがTDLを超えた数学的論拠【森岡毅・要点・もくじ】

終章 2015年10月にUSJがTDLを超えた数学的論拠
今西よりご挨拶
森岡よりご挨拶
参考文献・資料

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 / 森岡 毅の内容説明

【全目次】確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 / 森岡 毅【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト

世界屈指のマーケター&アナリストが、USJに導入した秘伝の数式を公開。

ビジネス戦略の成否は「確率」で決まっている。
その確率はある程度まで操作することができる。

八方塞りに思える状況でも、市場構造や消費者の本質を理解していると、
勝てなさそうに見える局面や相手に対しても勝つチャンスのある戦い方、
つまり勝つ確率の高い戦略を導き出すことができる。
その戦略を導き出すのが「数学マーケティング」である。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 / 森岡 毅【Amazonレビューを引用】

Amazon

Amazonレビューを信用してよい

「とりあえず、マーケティングに関わる人は全員読むべきかと。」とAmazonレビューにあるが、そのとおりだと思う。手元に置いて何度も読み返す類の実用書。企業の大小や職種、成長の目的(企業、部署、個人)を問わず、読了することで得られるものが必ずあるはず。ちなみに、私個人は中小企業でマネジメント兼Web広告の運用を行っている。数字にはおせじにも強いとはいえないが(中学レベルだ)、会社の戦略を検討するうえで多くの学びを得た。本書のキーワードは「ビジネスの本質」を理解することであり、著者自身も数式部分は興味のない人は読み飛ばしてくれと言っている。これから3回目の読書に入るところ。おすすめです。

Amazon

ほぼ全員必読書かと。

とりあえず、マーケティングに関わる人は全員読むべきかと。マーケだけでなく、営業も開発も人事も読むことで、ユーザーに対して本当に提供すべきモノコトが何なのかを、組織全体で共通認識として持てる本だと思います。個人的には参考図書として出てくる、日下公人の「未来予測ができるようになる62の法則」も抽象的だけど長く使える不変的な考え方だったので参加になりました。本書含めてチームの課題図書にしています。 :レビュー一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-森岡毅
-,