クレイトンクリステンセン

【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

2022年11月13日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

クレイトン・M・クリステンセン さんの「ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

記事の目次

【ジョブ理論 目次】序章 この本を「雇用」する理由【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

イノベーションを運任せにする必要はない。 一か八かの賭けは他社に任せ、正しいプロセスを手に競争を勝ち抜こう。

まちがったことに上達する

どんなジョブのためにそのプロダクトを「雇用」したのか

【ジョブ理論 目次】第1部 ジョブ理論の概要 【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

【ジョブ理論 目次】第1章 ミルクシェイクのジレンマ【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

イノベーションはなぜこれほど予測と持続がむずかしいのか。 それは、正しい質問をしてこなかったからかもしれない。

朝のミルクシェイク

マーガリンのレジュメ

ジョブ理論とイノベーション

章のまとめ

【ジョブ理論 目次】第2章 プロダクトではなく、プログレス【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

ジョブ理論は、イノベーションを予測可能なものにしてくれる。 まずは、顧客が特定の状況でなし遂げようとしている進歩を理解しよう。

何をではなく、どう考えるか

ジョブの定義

進歩

状況

機能面、社会面、感情面の複雑さ

ジョブとは何か

ジョブでないもの

ジョブを見きわめるには

この動画に記録されるべき要素

競争の勢力図の変化

ジョブ理論の限界

コペルニクス的転回

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第3章 埋もれているジョブ【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

ジョブ理論は、市場の規模と全体像、競争相手の定義に変革をもたらす。 サザンニューハンプシャー大学をはじめとする豊富な事例をもとに、 イノベーションを強力にガイドするジョブ理論の力を探ろう。

無と競争する

ジョブの適用範囲は深くて広い

B2Bにおけるジョブ

価格2倍で機能半分

顧客の人生に寄り添う

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第2部 ジョブ理論の奥行きと可能性【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

【ジョブ理論 目次】第4章 ジョブ・ハンティング【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

ジョブは発見されるのをどこで待っているのか? どう見つければいいのか? その答えは、従来のツールではなく、 何を探し、観察した結果をどうつなぎ合わせるかにかかっている。

ジョブはどこにある?

1
生活に身近なジョブを探す

2
無消費と競争する

3
間に合わせの対処策

4
できれば避けたいこと

5
意外な使われ方

感情面の配慮

魔法は必要ない

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第5章 顧客が言わないことを聞き取る【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

顧客がみずからの要求を正確に表明できるとは限らない。 購入動機やそこに至る道筋は、口に出されるよりずっと複雑だ。 だが、顧客が何を「解雇」するのかを見れば、隠れたストーリーが浮かび上がってくる。

顧客のストーリーをつくる

マットレス購入までの道程

衝動買いの裏に

アドビルかレッドブルか、新しいマットレスか

ジョブとインサイト

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第6章 レジュメを書く【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

自社製品を確実に「雇用」してもらうにはどうすればいいだろう? 顧客の「片づけるべきジョブ」に真に応えるには、 正しい体験を提供する必要がある。 それにより、顧客はプレミアム価格をいとわなくなる。

ジョブを解読する

体験とプレミアム価格

障害物を取り除く

ウーバーの体験

ジョブに適していることをどう伝えるか

パーパスブランド

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第3部 「片づけるべきジョブ」の組織【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

【ジョブ理論 目次】第7章 ジョブ中心の統合【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

成長を遂げる企業はジョブを中心に組織を最適化する。顧客のジョブの遂行に社内プロセスを統合させることは、 自社製品を強力に差別化するためのメカニズムとなり、 真の競争優位をもたらしてくれる。

秘伝のソース

ジョブ中心に組織をつくる

測れることは実行できる

オンスターのジョブ

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第8章 ジョブから目を離さない【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

どれほど優れた企業でも、顧客のジョブを見失うことがある。 原因は、自社製品に対する3つのデータ―― 「能動的データと受動的データ」「見かけ上の成長「確証データ」の 誤謬にはまることにある。

イノベーションのデータの3つの誤謬

1
能動的データと受動的データの誤謬

2
見かけ上の成長の誤謬

3
確証データの誤謬

データの出所が問題をつくり出す

受動的なデータを能動的に捕まえる

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第9章 ジョブを中心とした組織【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

明確に定義されたジョブは「指揮官の意図」となり、社員の自主性を高める。顧客のジョブの解決にみずからの仕事が どう役立つか、あらゆる階層の社員が理解するようになるからだ。 オンスターら成功した組織の事例を見てみよう。

直観的な作戦ノート

両面コンパス

だいじなことを測定する

ジョブがすべてを変えた

文脈を見失わない

章のまとめ

リーダーへの質問

【ジョブ理論 目次】第10章 ジョブ理論のこれから【クレイトン・M・クリステンセン・要点・もくじ】

顧客が確実に「雇用」したくなる商品を予測して生み出し、競争優位を手ににすることは不可能ではない。われわれは20年かけてその実例を目にしてきた。イノベーションの成功を運頼みとする風湖は、そろそろ終わりにしよう。

本当に理論と呼べるのか

理論が"誤って"いるとき

理論の限界

ジョブ理論の適用範囲の深さと広さ

個人的なジョブ

公教育

医療

人生のジョブ

ジョブ理論とともに

謝辞

日本語版解説

索引

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

【評価・感想・口コミ】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【Amazonレビューを引用】

Amazon

予測可能で優れたイノベーションの創り方

イノベーションは、何もテクノロジーだけの話ではない。 本書は「破壊的イノベーション論」で有名な経営学者であるクレイトン・クリステンセンが「予測可能で優れたイノベーションの創り方」を解説した書籍だ。 また、ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶブックランキングで2017年第3位になった人気の名著でもある。 本書では「人がモノを買う行為」そのもののメカニズムを解き明かし、数字では測れない消費のメカニズムについての考え方を示してくれている。 UXやサービス・ドミナント・ロジックの台頭が示すように、マーケティングの世界では「モノからコトへの転換」が叫ばれて久しい。 本書を一読すれば「モノからコト」への転換に向けて、予測可能なマーケティングイノベーションを起こすヒントが得られるはずだ。

Amazon

お客さまは、ある進化を望んで製品を雇う

クリステンセン先生の書籍は一通り読んでいますが、本質は「経営」+「行動学」「社会学」じゃないかなって思います。自分は経営者なので、専門家の方たちのような説明はできませんが…。本書、マーケティングとしては、あまり目新しくはないのですが、でも、何故か腑に落ちる部分が多いのです。それは、マーケティング、イノベーションなどの事例に加え、企業活動(または消費活動)に準じた人間、または組織が、ある状況では、ある程度、同じ思考、行動がなされる、ということを見抜いていて、事例と行動とを見事にマッチングすることで、腑に落ちるストーリーになっていくのだと思います。さらに、人間が起こす行動から言葉を選んでいるため、新たな視点が生じて、全体の繋がりが見えるのだと。なんだか上手に表現できませんが....野中郁次郎先生とクリステンセン先生は、近い考えのような気がします。どちらの先生も、具体的ではないようでいて、経営者とすると、腑に落ちて、自社の状況に落とし込め、即座に実践へと繋ぐことができます。「イノベーションへの解」以来、自身の事業範囲の隣に常に注目して進めてきましたが、今後、本書のお陰で、その取組みが更に精度の高い物になりそうです。なんだかよく分からない書評でスミマセンでした(m_m) :レビュー一覧

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセンの内容説明

【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

★世界で最も影響力のある経営学者クレイトン・クリステンセンが、
 人がモノを買う行為そのもののメカニズムを解き明かす、
 予測可能で優れたイノベーションの創り方。

なぜあの商品は売れなかったのか?
世界の経営思想家トップ50(Thinkers50)連続1位。

顧客が「商品Aを選択して購入する」ということは、「片づけるべき仕事(ジョブ)のためにAを雇用(ハイア)する」ことである。

『イノベーションのジレンマ』の著者による、21世紀のベスト・オブ・ビジネス書!

イノベーションの成否を分けるのは、顧客データ(この層はあの層と類似性が高い。
顧客の68%が商品Bより商品Aを好むetc)や、市場分析、スプレッドシートに表れる数字ではない。
鍵は「顧客の片づけたいジョブ(用事・仕事)」にある。

世界で最も影響力のある経営学者クレイトン・クリステンセンが、
人がモノを買う行為そのもののメカニズムを解き明かす、予測可能で優れたイノベーションの創り方。

・顧客が商品を買うこととは、片づいていない「ジョブ(用事・仕事)」を解決するために何かを「雇用」することである。
・ビッグデータは顧客が「誰か」を教えてくれても、「なぜ」買うのかは教えてくれない。
・数値化できない「因果関係」にこそ、成功するイノベーションの鍵がある。
・自社製品も他社製品も買っていない「無消費者」を取り込め。:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

関連記事
クレイトン・M・クリステンセン さん著書もくじ一覧
クレイトン・M・クリステンセン さん著書Amazon一覧

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズムを見た後に買っているのは?

繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学 クレイトン・M・クリステンセン 【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard Business School Press) 【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか 【全目次】ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #ジョブ理論 #クレイトンクリステンセン

クレイトン・M・クリステンセン オススメ本

【全目次】イノベーションのジレンマ 増補改訂版 / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】イノベーションのジレンマ 増補改訂版 / クレイトン・M・クリステンセン【要点・もくじ・評価感想】 #イノベーションのジレンマ #クレイトンクリステンセン

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム 関連本

【全目次】USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 / 森岡 毅【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 / 森岡 毅【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト

【全目次】影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか / ロバート・B・チャルディーニ【要点・もくじ・評価感想】

【全目次】影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか / ロバート・B・チャルディーニ【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト

【イノベーション部門】ビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP5の目次記事まとめ【ビジネス書もくじ・評価】

【イノベーション部門】ビジネス書グランプリ2022 ランキングTOP5の目次記事まとめ【ビジネス書もくじ・評価】 ビジネス書グランプリ2022

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-クレイトンクリステンセン
-,