安宅和人

【全目次】シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 / 安宅和人【要点・もくじ・評価感想】 #シンニホン

2022年2月25日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 / 安宅和人【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

安宅 和人 さんの「シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【シン・ニホン 目次】1章 データ×AIが人類を再び解き放つ 時代の全体観と変化の本質【安宅 和人・要点・もくじ】

1 歴史的な革新期

人類史に残る戦い

すでに来ている未来

指数関数的な思考が不可欠に

人類は再び解き放たれる

2 知的生産そのものが変わる

すべての産業がデータ×A1化する

意思決定の質とスピードが上がる

状況把握から打ち手まで1つのループになる

集合知的なA1を作れるかのゲームになる

マッシュアップエコノミーの時代になる

事業および収益構造が二重になる

ヒューマンタッチがより重要になる

3 不連続な変化はデータ×AIだけではない

キカイは分子レベルでデザインする時代に

人間すらデザイン可能な時代に突入

地政学的な重心のシフト

4 未来の方程式

変化は遥かに速く起きる

質的に変わる富を生む方程式

主要先進国は人口調整局面に突入

「虚数軸」が富を生む時代の到来

未来の方程式

デザインの新しい定義

「目に見えない価値」を想像し生み出せるか

【シン・ニホン 目次】2章 「第二の黒船」にどう挑むか 日本の現状と勝ち筋【安宅 和人・要点・もくじ】

1 一人負けを続けた15年間

生産性に巨大な伸びしろ

ICTセクターだけの問題ではない

2 埋もれたままの3つの才能と情熱

若い才能の3割は発掘されるのを待っている

女性の限りない伸びしろ

65歳で「伐採」されるシニア層

3 国力を支える科学技術の急激な衰退

弱まる日本の大学のプレゼンス

計算機科学分野で際立つ遅れ

4 データ×AI世界で戦うには

データ量と空間づくりで土俵に立てていない

データの処理力でも残念な状況

エンジニア、専門家がそもそも足りていない

理数素養のある学生の割合が少なすぎる

日本の若者たちは持つべき武器を持たずに戦場に出ている

このままでは「ジャマおじ」だらけの社会に

黒船来航時と同じ状況に

生き残れるかどうかはイシューではない

5 日本に希望はないのか

産業革命における日本を振り返る

第二、第三の波で勝つ

出口産業を持つ強みとチャンス

6 まず目指すべきはAI-readyな社会

AI-ready化とは何か

AI-ready化された企業とは

7 日本の本来の勝ち筋

この国は妄想では負けない

すべてをご破算にして明るくやり直す

圧倒的なスピードで追いつき一気に変える

若い人を信じ、託し、応援する

不揃いな木を組み、強いものを作る

戦後の勝因に対する誤解

もう一度ゲームチェンジを仕掛けよう

【シン・ニホン 目次】3章 求められる人材とスキル【安宅 和人・要点・もくじ】

1 ワイルドな局面で求められる人材とは

国のマネジメントとしてやるべきこと

人材育成の2つの要件

2 普通ではない人の時代

価値創出の3つの型

異人の時代

狭き門より入れ

運・根・勘・チャーム

未来を仕掛ける担い手は若者

3 多面的な人材のAI-ready化

データ×AIの力を解き放つ

自動化されても専門家は必要

これからの社会を生き抜く基礎教養

知覚する力、生命力、人間力

4 知性の核心は「知覚」

知性とは何か

知覚は経験から生まれる

集め過ぎと知り過ぎ

感性と知性の関係

知的活動の具体的イメージ

A1は生命の持つ知性とは根本的に異質

本物の課題解決にA1は無力

ファーストハンドの経験が知覚を鍛える

「スポンジ力」より「気づく力」

【シン・ニホン 目次】4章 「未来を創る人」をどう育てるか【安宅 和人・要点・もくじ】

1 3層での人づくり

すでにある2つの巨大アセット

スキル再生をシステム化する

海外からの「輸血」で時間を買う

2 国語と数学の力を再構築する

「空気を読む国語」から「三学」に

数学が好きで得意な子を育てる

3 未来を仕掛ける人を育てる6つのポイント

① 意思、自分らしさ、憧れ

② 皮膚感を持って価値を生み出すことを理解する

③ サイエンスの面白さと意味への理解を深める

④ 夢×技術×デザイン視点で未来を創る教育を刷新する

⑤ 道具としての世界語を身につける

⑥ アントレプレナーシップの素養

4 初等・中等教育刷新に向けた課題

リアルな体験としての「データ×A1の価値」

プログラムを刷新するメカニズム

「全員同じ教育」をやめる

反転学習の導入

5 専門家層・リーダー層の育成

PhDレベルの専門家の層を厚くする

修士と博士のカニバリという深刻な課題

データサイエンティスト以外の多様なビッグデータ人材

データサイエンティストは研究者ではない

高等教育における部門とプログラムの分離

【シン・ニホン 目次】5章 未来に賭けられる国に リソース配分を変える【安宅 和人・要点・もくじ】

1 圧倒的に足りない科学技術予算

国力に見合ったR&D投資ができていない

高い人材開発の投資効果

科学技術予算の多寡は競争力に直結

選択と集中の真逆を行う必要がある

2 日本から有能な人材がいなくなる

学生一人あたりの予算に彼我の差

大学教員の給与は数十年据え置き

Bクラス人材ばかりになる

二大ブラック職場化する官学

国研の危機的な予算

主要国で唯一PhD取得に費用がかかる残念な状況

世界的に異例な博士号取得者数の減少

基金そのものを底上げしよう

忘れ去られた国家プロジェクト

3 産学連携の正しいエコシステムをつくる

米国の主要大学を支えているのは企業の金ではない

圧倒的な基金と運用力がメインエンジン

企業ではなく卒業生の寄付を集められるかが勝負

10兆円規模の基金を立ち上げよう 国家百年の計

見逃せない国による研究開発委託

人が育ち、資金が回るエコシステム

4 若い人に投資する国へ変わろう

国に金がないのではない

反転学習の導入

未来のための最適なリソース配分とは

国全体を家族として考えてみる

数%で未来は変わる

Life as valueの時代に

憲法25条の解釈は正しいか

5 未来のための原資を作り出す私案

ゼロベースで知恵を絞る

リソース再配分に向けた検討案

負のサイクルをあるべきサイクルへ

【シン・ニホン 目次】6章 残すに値する未来【安宅 和人・要点・もくじ】

1 不確実な未来にいかに対処するか

未来は目指すものであり、創るもの

不確実性の4つのレベル

イニシアチブ・ポートフォリオという考え方

2 この星は今、どうなっているか

枯渇する水産資源

地球上の大型生物の質量構成

森林の隠れた課題

人間の圧倒的なエネルギー消費

成長の前に星がもたない

3 新たなテクノロジーと持続可能な世界

SDGsとSociety5.0の交点

人口減少は悪いことか?

CO2排出の視点での日本の適正人口

人類は人口減少を乗り越えてきた

4 ビジョンから未来をつくる

「風の谷」という希望

ブレードランナーと風の谷

課題解決の2つの型

プロジェクト始動

都市集中型の未来へのオルタナティブ

風の谷憲章

自動化技術だけでは解決できない

一人あたり自治体予算

探求すべきはオフグリッド的な解

「風の谷」で子育てはできるか

菊の花構想

都市に対抗し得る求心力を生み出せるか?

森の再生

土地の重層的な記憶を活かす

空間全体としてのプロデュース

運動論としての「風の谷」に

おわりに

謝辞

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 / 安宅 和人の内容説明

【全目次】シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 / 安宅和人【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 / 安宅和人【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 / 安宅和人【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

◎読者が選ぶビジネス書グランプリ2021 総合グランプリ受賞!!
◎ビジネス書大賞2020 特別賞(ソーシャルデザイン部門)受賞!!
◎ITエンジニア本大賞2021 ビジネス書部門 ベスト10!
◎累計17万5千部突破!
30万部超の名著『イシューからはじめよ』から9年――。
渾身の力で投げ込む、ファクトベースの現状分析と新たなる時代の展望!

AI×データの発展により、時代は多面的に「確変モード」に突入した。
目まぐるしく動く社会の中、本書は以下の問いをひとつなぎにして答える。

・現在の世の中の変化をどう見たらいいのか
・日本の現状をどう考えるべきか
・企業はどうしたらいいのか
・すでに大人の人はこれからどうサバイバルしていけばいいのか
・この変化の時代、子どもにはどんな経験を与え、育てればいいのか
・若者は、このAIネイティブ時代をどう捉え、生きのびていけばいいのか
・国としてのAI戦略、知財戦略はどうあるべきか?
・AI時代の人材育成は何が課題で、どう考えたらいいのか
・日本の大学など高等教育機関、研究機関の現状をどう考えたらいいのか

ビジネス・教育・政策…全領域にファクトベースで斬り込む、著者渾身の書き下ろし!
意志なき悲観論でも、現実を直視しない楽観論でもない、建設的(Constructive)な、「残すに値する未来のつくり方」。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 / 安宅 和人【Amazonレビューを引用】

Amazon

本の形をしているが、これは「祈り」なんだと思う

読み終わって、自分の中で著者の祈りが重なって響いている。 ひとつは「平成という失敗したプロジェクト」(宇野常寛)の供養だ。30年の間に、国のリソース配分に失敗し、未来への投資を極限まで削り、また、あらゆる産業で価値創造の機会を逸したことを、鋭い分析をこれでもかというくらいに畳み掛けて、明らかにしている。この供養は、失敗した当事者たち、政治家、官僚、経営者に著者が直接、しかも何度もぶつけて、詠んだものだから迫力が違う。失敗には「成仏」してもらって、今後、大胆にリソース配分を変える仕事は刺激的だと思う。 ふたつめは「未来の祝福」だ。この国には「未来が見えない」という呪いがかかっている。大袈裟に聞こえるかもしれないが、何しろ、未来に希望を持っている18歳が1割以下しかいないのだ。変化の波が、それも特大のものがくるのが確実ということが、テクノロジーについての深い理解と実践に基づいて、多面的に語られる。日本は、世界で戦う土俵に立てていない「黒船来航時と同じ状況」なのだけれど、なぜかワクワクした気持ちになるのは、祝福されているからだとしか言いようがない。 最後に「明日への誓い」だ。最終章では、一転して、日本から地球レベルの課題に跳躍する。分析から明らかになる課題は重く、複雑に絡まっている。その上で、「風の谷を創る」という、都市集中型の未来に対するオルタナティブをつくる、というビジョンから、未来を創る運動論が展開される。そう、これは運動であって、ソリューションではない。分析から、例えば、なぜ道は全国一律の「硬い道」なのか、というような「ゼロベースの問い」を生み出し、それがまた新たな問いを生む。運動は続いていく。 本書の最後を締め括る、筆者が10代から心にもっていた一つの言葉は、まさに祈りの始まりだと思う。その祈りは、小さなものから、少しずつ強く、大きくなって、「風の谷」などの筆者が仕掛けるイニシアティブを通じて、いろんな人を照らしている。そして、この本(祈り)を通じて、さらに多くの、ヤバイ人たちを照らすだろう。

Amazon

この数年でいちばん心に刺さりました

すごい本。間違いなく何度も読み返すだろうと思い、1回目は一気に読みました。とはいえ線を引く箇所が多すぎて困るほど。ここまで精緻にファクトを並べてロジカルに、しかも真摯に論を展開する本はほかに見たことがないです。 絶賛したくなるのは、そのオリジナリティの高さから。山ほどビジネス書(翻訳書を含む)を読んできましたが、著者自身がしっかりと課題を掘り下げて考えを巡らせる本は少ない。ふつう他人の論考をコピペしてると思わせる箇所があるものですが、本書にはそれがありません。 実際のビジネスでも参考になるフレームワークが多々あるのもヤバい。「データ×AI利活用の基本ループ」「国富を生む方程式の変容」「企業価値の『複素数平面化』」「未来の方程式」(1章)、「AI×データ戦争における3つの成功要件」「産業革命の3段階(大局観)」「データ×AI化における産業化の対局観」「日本の未来の4つの勝ち筋」(2章)、「価値創出の型と生み出す価値(イメージ)」「現代リベラルアーツ」「情報処理システムの3要素」「情報処理のバリューチェーン」「情報処理のバリューチェーンと知覚の広がり(例示)」(3章)…どうしよう、書ききれません(笑)。とにかく是非読んでみてください。 最後に、この本は「未来を創る」ための本ですが、日本で子どもを育てる一人の親としても、考えさせられる点が多々ありました。著者の言うように、軍事教練の名残と思われる数々の校則や決まりなど、今すぐにでも廃止してほしい。世界に視野を広げると、教育でおかしいことがたくさんありますね。 きっと何十回、何百回と読み返すと思います。書籍の価値を再認識するほどに、とにかく良書でした。著者と出版社に心より感謝します。 :レビュー一覧

関連記事
安宅 和人 さん著書もくじ一覧
安宅 和人 さん著書Amazon一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-安宅和人
-, , , , ,