外山滋比古

【全目次】思考の整理学 / 外山滋比古【要点・もくじ・評価感想】#思考の整理学

2022年5月14日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】思考の整理学 / 外山滋比古【要点・もくじ・評価感想】#思考の整理学    モクホン ビジネス書の本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

外山滋比古 さんの「思考の整理学」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【思考の整理学 目次】Ⅰ グライダー【外山滋比古・要点・もくじ】

グライダー

不幸な逆説

朝飯前

【思考の整理学 目次】Ⅱ 醗酵【外山滋比古・要点・もくじ】

醗酵

寝させる

カクテル

エディターシップ

触媒

アナロジー

セレンディピティ

【思考の整理学 目次】Ⅲ 情報の“メタ"化【外山滋比古・要点・もくじ】

情報の“メタ"化

スクラップ

カード・ノート

つんどく法

手帖とノート

メタ・ノート

【思考の整理学 目次】Ⅳ 整理【外山滋比古・要点・もくじ】

整理

忘却のさまざま

時の試錬

すてる

とにかく書いてみる

テーマと題名

ホメテヤラネバ

【思考の整理学 目次】Ⅴ しゃべる【外山滋比古・要点・もくじ】

しゃべる

談笑の間

垣根を越えて

三上・三中

知恵

ことわざの世界

【思考の整理学 目次】Ⅵ 第一次的表現【外山滋比古・要点・もくじ】

第一次的表現

既知・未知

拡散と収斂

コンピューター

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

思考の整理学 / 外山滋比古の内容説明

【全目次】思考の整理学 / 外山滋比古【要点・もくじ・評価感想】#思考の整理学    モクホン ビジネス書の本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】思考の整理学 / 外山滋比古【要点・もくじ・評価感想】#思考の整理学    モクホン ビジネス書の本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】思考の整理学 / 外山滋比古【要点・もくじ・評価感想】#思考の整理学    モクホン ビジネス書の本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】思考の整理学 / 外山滋比古【要点・もくじ・評価感想】#思考の整理学    モクホン ビジネス書の本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】思考の整理学 / 外山滋比古【要点・もくじ・評価感想】#思考の整理学    モクホン ビジネス書の本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

東大・京大 この10年で1番読まれた本! 2012年~2021年文庫ランキング (東大生協本郷書籍部・京大生協 調べ)

歴代の東大生・京大生が根強く支持する異例のベスト&ロングセラー!
刊行から36年で126刷・263万部突破!

「もっと若い時に読んでいれば……」
そう思わずにはいられませんでした。
――元・さわや書店 松本大介さん

アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆けるには?
自らの体験に即し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、恰好の入門書。
考えることの楽しさを満喫させてくれる一冊。

■なぜ東大生が根強く支持するのか? 東大生の感想……外山滋比古講演会「思考の整理学を語る」より
・今の時代に必要なのは、情報を手に入れることよりも「捨てる」ことなのだ。
・他分野との接触、混在が新しい思考法を生み出すという考えがとても新鮮に思えた。
・大学やその先で求められている「学び」に対する姿勢が、少し分かった気がする。
・知識に偏った勉強をしてきたからこそ、それじゃいけないんだ、と思いを新たにした。
・考えがまとまらない時、くよくよするのがいちばんいけない。
・メモをとり、整理する癖がつきました!
・根底にある理念は自ら学べ、という点だと感じた。
・高校生の時は意味が良く分からなかったけれど、大学に入って文章を書くようになり、先生の仰っていたことの重要性が良く分かった。
・今の自分を肯定して考えることの楽しさを教えてくれます。
・時を経ても変わらない価値がある。
・この本を読んでいないなんて、人生の半分を損している。:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】思考の整理学 / 外山滋比古【Amazonレビューを引用】

Amazon

価値観

なぜ、自分の好みすら分からない鈍感な人間が量産されるのか 本を読んで、ものは知っているがただ、それだけという人間ができるのは自分の責任において、本当に面白いものといっときの興味との区分けの労を惜しむからだそうだ その労をたすける技術が書かれているが思考整理の本質は、人間を厳密にすること価値観の形成にあるそのための抽象化であり、忘却である 価値観がしっかりしていないと大切なものを忘れつまらないものを覚えていることになる 価値観がしっかりしていると現実をありのままに受け入れることができる それが、人を強くするのだ と気づかされた良書です

Amazon

私たちはなぜメモをとるのか

「ノートをとる、メモをする」…私たちが小学校の時から教えられてきた事であり、学校を出て社会人になってからも、ノートをとるクセはついている。もしあなたが「そういえば、何でノートをとってるんだろう?なぜ、教わったことはちゃんとメモをとれって教えられたんだろう?」と疑問に思っているなら、ぜひこの本を読んで見てください。きっと、この本はその問いに答えてくれ、さらに思考を整理するための他の様々なテクニックまで教えてくれます。読書論の本と一緒に読んでみるといいかも。 :レビュー一覧

著者関連
外山滋比古 さん著書もくじ一覧
外山滋比古 さん著書Amazon一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

人気のジャンル

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-外山滋比古
-, , , , , , ,