本を音声で聞く( #Audible ) 樺沢紫苑

【全目次】絶対にミスをしない人の脳の習慣 / 樺沢紫苑【要点・もくじ・評価感想】 #絶対にミスをしない人の脳の習慣

2022年3月25日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】絶対にミスをしない人の脳の習慣 / 樺沢紫苑【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

樺沢紫苑 さんの「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【絶対にミスをしない人の脳の習慣 目次】はじめに 「ミス」はあなたではなく「脳」のせい【樺沢紫苑・要点・もくじ】

「ミス」を引き起こす「脳」の仕組み

精神科医の私が「ミス」をテーマに本を書いた理由

仕事の「質」と「速さ」は科学的に上げられる

「入力」「出力」「思考」「整理」 脳を変えればミスは解決する

【絶対にミスをしない人の脳の習慣 目次】INTRODUCTION 脳は100%ミスをする ミスをしない脳の基本原則 ミスの「4大原因」【樺沢紫苑・要点・もくじ】

【ミスの原因】その1 集中力の低下

「ミス」には不注意がつきもの

脳科学的根拠を知れば、集中力低下は防げる

【ミスの原因】その2 ワーキングメモリの低下

「ど忘れ」の正体

「テンバる」とミスしやすい理由

ミスが増えた時期によって、対策を使い分ける

【ミスの原因】その3 腦疲労

「病気未満」の段階で対策する

「健康」と「病気」の二元論をやめる

脳疲労で注意力・集中力が低下する理由

ミス多発は脳の「黄信号」

「未病」だからこそ対策ができる

【ミスの原因】その4 脳の老化

年をとると忘れっぽくなる理由

若々しい脳を維持する秘訣

何歳でも脳は成長し続ける

ミスが多発する4つのシチュエーション

ミスは脳の「インプット」と「アウトプット」障害

「思考」と「整理」のミスの怖さ

【絶対にミスをしない人の脳の習慣 目次】PART1 入力 「インプット」を変えると集中力が最大化する ミスをしない入力術【樺沢紫苑・要点・もくじ】

「ワーキングメモリ」を使いこなす

脳の作業領域がミスの鍵を握る

ワーキングメモリのキャパシティ

ワーキングメモリを鍛える9つの方法

1【タスク術】

一点集中タスク術

「同時進行」がミスの元

音楽を聞くと仕事がはかどる?

デュアルタスクで能率アップ

2【メモ術】

「記憶」しないメモ術

書くことで脳の司令塔を活性化

緩急をつけてメモをとる

「デシタル」よりも「アナログ」を選ぶ

一元化してアウトプットする

3【情報収集術】

タイムマネジメント情報収集術

スマホで調べた情報は記憶に残らない

脳が疲弊する「スマホ認知症」に注意

スマホの使いすぎで頭が悪くなる

時間を決めて情報を集める

4【勉強法】

①学びを欲張らない「舌切り省勉強法」

「メモ魔」ほど理解が浅い

インプットは欲張らない

②3ポイント勉強法

「3」を意識して学びを最大化

③大人のための「脳活性化勉強法」

資格試験で脳が劇的に冴える

暗記で認知症リスクが減少する

【絶対にミスをしない人の脳の習慣 目次】PART2 出力 脳力を引き出せば、仕事の「スピード」と「質」は上がる ミスをしない出力術【樺沢紫苑・要点・もくじ】

仕事の9割は「出力(アウトプット)」

1【時間術】

①時間帯・曜日決め打ち時間術

「ミスの魔の時間帯」に作業しない

ミスをしやすい時間帯・曜日は避ける

②ウルトラディアンリズム時間術

「覚醒度のリズム」に乗る

③脳が目覚める「ゴールデンタイム時間術」

面倒な仕事は朝一で終わらせる

「脳のゴールデンタイム」を延長する方法

2【TODOリスト術】

①集中力のキアを上げるTODOリスト術

そのTODOリスト活用法は間違っている

②初公開! 「樺沢式TODOリスト」

従来のTODOリストの問題点

「樺沢式TODOリスト」の使い方

やるべきことは「3」を意識して書く

オリジナルのTODOリストを作ろう

③遊びのTODOリスト

趣味・遊びのTODOリストを書く

書くだけで実現率は3倍になる

④ホワイトポート仕事術

TODOリストを決め打ちする

書き出してモチベーションを上げる

3【スケジュール術】

調塾日導入スケジュール術

「調整日」を入れるだけで余裕が生まれる

締め切り+予備日2日で余裕を作る

4【仕事術】

①1つずつクリアする「プチブチ」仕事術

「頭が真っ白になる」を防ぐ方法

タスクは「プチプチをつぶす」ように

②二兎を追わない「各個撃破仕事術」

ドイツ軍の失敗に学ぶ「最も効率的な戦い方」

⑧先送り・ミスゼロ仕事術

「先送り」にした瞬間、「TODOリスト」に追加

④100点をめささない「30点目標仕事術」

100点をめざすと100点から遠のく

【絶対にミスをしない人の脳の習慣 目次】PART3 思考 トップギアの脳は「自己洞察力」で決まる ミスをしない思考術【樺沢紫苑・要点・もくじ】

「自己洞察力」を鍛えてミスをゼロにする

根本的にミスをなくす方法

「自分の状態に気付く思考」が鍵を握る

「自分の状態は、自分が一番わかっている」は大間違い

「疲れています」と言える人は健康

1【ノート術】

だった3分間の「ポシティブ脳ノート術」

書くことで自分の状態を客観視する

2【SNS活用術】

ポジティブ思考を養う「Facebook術」

短文日記で脳トししよう

3【思考法】

「忘れ物」をゼロにする「『紙』確認思考」

「5」を越えたら「チェックリスト」化

「ミス2回」がチェックリスト作成のサイン

②不安を消す「転ばぬ先の杖思考」

「ミスしたらどうしよう」を取り除く

雑念を排除する「ルーティーン思考」

「いつもと同じ」で最高の集中を作り出す

④事故を未然に防ぐ「ヒヤリ・ハット思考」

医療現場で使われる心理戦略を応用する

⑤数値で把握する「C-3PO思考」

客観視する習慣で自己観察能力を鍛える

今の状態は100点満点で何点?

だった15秒の「自己診断」ワーク

【絶対にミスをしない人の脳の習慣 目次】PART4 整理 脳の棚卸しでパフォーマンスを上げる ミスをしない整理術【樺沢紫苑・要点・もくじ】

感情を整えてミスを防止する

「整理整頓」より「脳内整理」

1【脳内整理】

①きれいに忘れる「荷降ろし脳整理術」

脳内に記憶スペースを作る

「逆ツァイガルニク効果」を活用する

②電車でポーっと脳内整理法

「何もしない時間」で1人会議

「ボーっとする」は、脳科学的に正しい

2【行動整理】

折れない自分を作る「失敗と成功の整理術」

失敗は「反省」して忘れ、成功は噛みしめる

3【ストレス整理】

心を整える「ストレス整理術」

ストレスは「裏社会の首録」である

多少のストレスは有効活用できる

ストレスホルモンは「コーヒー」のようなもの

ストレス過多は記憶を破壊する

副腎疲労が病気を招く

4【休息法】

寝る前2時間の「ゴールテンタイム休息法」

たった2時間でストレスは整理できる

やってはいけない「寝る前」の過ごし方

寝る前にリラックスしないといけない理由

5【睡眠法】

脳のコンディションを上げる「7時間睡眠法」

睡眠不足はミスの重大な原因

「1時間プラス睡眠法」で能率アップ!

睡眠薬を飲んでもいい睡眠はとれない

6【感情整理】

「人に言わない」感情整理法

愚痴でストレスは解消できない

「怒り」はストレスを増強する

「笑い」で水に流す

お酒はおいしく、楽しく

「運動」と「睡眠」で感情整理

おわりに

参考文献一覧

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

絶対にミスをしない人の脳の習慣 / 樺沢紫苑の内容説明

【全目次】絶対にミスをしない人の脳の習慣 / 樺沢紫苑【要点・もくじ】   モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】絶対にミスをしない人の脳の習慣 / 樺沢紫苑【要点・もくじ】   モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

すべての「ミス」は脳をいじれば解決する!

「物忘れ」「勘違い」「うっかり」…
すべてのミスは、脳の習慣ですべて解決する!

精神科医の樺沢紫苑先生を著者にお迎えし、脳のパフォーマンスを上げたり、記憶をつかさどる「ワーキングメモリ」を増やすトレーニングを行ったりすることで、エビデンス的根拠の元、仕事の「ミス・ムダ」を防ぐ超実践的な方法! :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】絶対にミスをしない人の脳の習慣 / 樺沢紫苑【Amazonレビューを引用】

Amazon

心身のコンディションを絶好調に保って、注意力、集中力をマックスにする事で、ミスは無くなる

この著書では、人間の心身の健康の段階を、4段階あると説明されています。病気→未病→健康→絶好調です。ポイントは、人間は、一旦、病気になると簡単には治らない。未病なら直ぐに健康に戻せるということです。そして、この健康の度合いが、絶好調側に向くに従って、注意力、集中力も増していくということです。人間が、ミスをする原因は、この注意力、集中力が、高い状態か低い状態かでミスの頻度も違ってきます。この本では、いかにして、日常生活の生活習慣の中で、自己洞察力を高めて、自分自身の心身のコンディションを整えて、注意力、集中力を高く保ち、ミスを限りなくゼロにしていくかの方法が網羅されています。具体的な内容は、本書をお読み下さい。特に、現代の心身共に疲れきっているサラリーマンの方々には、一読をお願いしたい著書です。

Amazon

読みやすいのでおすすめです

私は普段からミスしがちですが、本書を読んで以下の点が参考になりそうなので今後実践していきたいと思います。 ・意識的にボーッとすること ・日記、タスクリストの活用で脳内の整理をする ・寝る前のルーティンを見直す(食事しない、スマホ見ない) 本書はミスを無くす事以外にも、作業が遅い事を悩んでらっしゃる方にも当てはまる内容になってるかなと思います :レビュー一覧

関連記事
樺沢紫苑 さん著書もくじ一覧
樺沢紫苑 さん著書Amazon一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-本を音声で聞く( #Audible ), 樺沢紫苑
-, , , ,