勝間和代

【全目次】「有名人になる」ということ / 勝間和代【要点・もくじ・評価感想】 #有名人になるということ

2022年1月8日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】「有名人になる」ということ  / 勝間和代【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #勝間和代 #読書 #読書好きな人と繋がりたい
勝間和代の「「有名人になる」ということ」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【「有名人になる」ということ 目次】第1章 有名人になるということ そのメリットとデメリット【勝間和代・要点・もくじ】

1 有名人になることの直接的な金銭メリットは思ったほどは大きくない。
プライバシーの侵害にちょうど見合うか、見合わないか程度

2 なんといっても大きいのは、人脈のひろがりによるチャンスのひろがり。
これを生かせないと、有名人になったメリットはほとんどない

3 大きなデメリットのひとつは、「衆人環視の中」で生きるということ。

4 最大のデメリットは、見知らぬ人たちから批判され攻撃されることを 「日常」と考えなければいけないこと

5 発言力がつき、やろうと思ったこと、考えたこと、目指すことができやすくなる。
それは有名人であることが信用につながっているからである

【「有名人になる」ということ 目次】第2章 有名人になる方法【勝間和代・要点・もくじ】

有名人になる五つのステップ

ステップ1 自分の商品性を把握し、願客やパートナー、競争相手を特定する

市場が欲しているのに、ありそうで、なかったものを

どのくらい熱心に行動しているか?

それは、ブルー・オーシャンか?

複合能力で市場性を獲得できるか?

継続的に新しい市場を開拓し続けられるか?

マーケットがあなたの居場所を見つけてくれる

ステップ2 自分がターゲットとする市場について、 セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングを行う

ステップ3 自分を売り込むためのサービスを開発し、 そのサービスの提供プロセスを管理する

ステップ4 自分がつくったサービスを普及させるための適切なチャネルを見つける

ステップ5 自分のサービスに適切な価格をつけ、品質を保証する

有名になるために、メンタル面で必要な三つのポイント

1 羞恥心を捨てて、有名になることを決意すること

2 有名になるにしたがって起きてくるネガティブな事象にもくじけないこと

3 有名人の仲間を見つけて、互いに支え合うこと

【「有名人になる」ということ 目次】第3章 有名人をつくる人たち【勝間和代・要点・もくじ】

1 「有名人」はビジネスになる

「有名人」はプラットフォーム
どういう人とビジネスパートナーになるか

「金スマ」でのダイエット企画

2 有名人ピジネスのヒット率は決して高くないが、当たると大きい

3 「有名人であること」は「ピッグな自分という勘違い」と 「『有名な自分』依存症」を招く

4 有名人を応援するファンとの関係

5 アンチファンという人たち

6 有名人は利用するのか、利用されるのか

【「有名人になる」ということ 目次】第4章 「終わコン」 有名人としてのブームが終わるとき【勝間和代・要点・もくじ】

「有名になる」ことの本質を知らなかったわたしの過信と勘違い

ブームは、せいぜい一〜二年しか続かない

その1 日本人の場合、情報取得→解釈のサイクルが二年間でおおよそ、 レイトマジョリティまで普及する

その2 当の本人は、忙しくなるうえ、人気を背景に仕事が「Easy」になるため、アウトプットの質が下がる

その3 おおむね、一人のコンテンツを三〜五くらい手に入れると、 「大ファン」でない限り、お腹がいっぱいになる

「終わコン」と言われはじめたときにどうするのか?

連載やレギュラー仕事の効用と危険性

「終わコン」と言われないための工夫

妬みを買う有名人と買わない有名人

有名人は「ふつうの女の子」に戻れるのか?

ある時期に「有名人だった」という過去は二度と消せない

おわりに 〜それでも有名人になりたいですか?

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

「有名人になる」ということ / 勝間和代の内容説明

「この本は、わたしのこの数年間の「有名人になる」という不思議な体験について、当事者の視点からまとめたものです。
どうやったら有名人になれるのか、そのとき得られるものは何か、失うものは何か。
わたしの記憶が新しいうちに、正直に、赤裸々に、事実をまとめました。なってみたい方、知りたい方の参考になることを目指しました。」

——なぜ、勝間和代は、有名人となることを目指さなければならなかったのか?
そして、「有名人になる」と、どういうメリットがあるのか? どういうデメリットがあるのか?そして、実際、有名人になる方法論はあるのか?
有名人はいかにつくられ、いかに利用されているのか? そして、「終わコン」——「有名人」としてのブームはどのように終わるのか?
なかなか当事者からは語られないリアルな体験を、勝間和代がロジカルに分析。それが、企業のマーケティング戦略と何ら変わらないこと、
そして、組織に頼れないフリーエージェントの時代、誰にとっても開かれたひとつの選択肢でもあることがわかります。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】「有名人になる」ということ / 勝間 和代【Amazonレビューを引用】

Amazon

間違いなく氏の最高傑作

この人の自己啓発的な本は、どうもダサくて好きではなかったのであるが、この本は違います。有名人がどんな生活をしているか事細かに書かれていて、大変面白い。また、オワコンにならない為の処方箋など、これは自営業者全員に参考になる内容で、文句なしの五つ星ですな。

Amazon

セルフマーケティングに役立つ

アーティストとして独立したため、セルフマーケティングが必要なのだが、筆者がいかにして自分をマーケティングしていったか、また、有名になるにつれて生じるメリット、デメリットも冷静に論理的に記載されていて、非常に参考になった。目標値設定、ターゲットの設定、チャネル開拓など、まさにマーケティング本。独立して自分を売り込む必要がある人には役立つので合ないだろうか。
海外にいたため、筆者が有名になっていた頃は、よく知らなかったので、私はオーディエンスとしてはラガードにあたるだろう。荒れたレビューをみて筆者に興味をひかれて、読んでみた二冊目の本だったが自分には合っていた。 :レビュー一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-勝間和代
-, , , , ,