勝間和代

【全目次】専門家はウソをつく / 勝間和代【要点・もくじ・評価感想】 #専門家はウソをつく

2022年1月7日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】専門家はウソをつく / 勝間和代【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #勝間和代 #読書 #読書好きな人と繋がりたい【勝間和代・要点・もくじ】
勝間和代の「専門家はウソをつく」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【専門家はウソをつく 目次】第1章 専門家の正体【勝間和代・要点・もくじ】

専門家としての私に起きたこと

専門家の適応範囲は広くない

私がテレビのコメンテーターをやめた理由

【専門家はウソをつく 目次】第2章 専門家が陥る罠【勝間和代・要点・もくじ】

罠その1 「過度のオリジナリティ」の追究

罠その2 専門性はどんどん古びていく

罠その3 新しいパラダイムに対する無意識の迫害

【専門家はウソをつく 目次】第3章 頼りすぎてはいけない【勝間和代・要点・もくじ】

アプリケーションソフトとオペレーションシステム

プライベートレッスンの錯覚

「過度の簡略化」という落とし穴

自分が主役

【専門家はウソをつく 目次】第4章 医療・健康分野を批判的に考える【勝間和代・要点・もくじ】

トンデモ療法が通用する理由

医者の専門分野はものすごく狭い

【専門家はウソをつく 目次】第5章 経済・金融分野を批判的に考える【勝間和代・要点・もくじ】

過去のデータから将来は予測できない

経済指標を「読める」専門家は怪しい

シナリオのない予測はただの「当てずっぽう」

【専門家はウソをつく 目次】第6章 教育・コーチング分野を批判的に考える【勝間和代・要点・もくじ】

「専門家選び」が難しい理由

レストランを選ぶように、専門家を選ぶ

【専門家はウソをつく 目次】第7章 優れた専門家とは【勝間和代・要点・もくじ】

優れた専門家を見抜く目

第1条 詳しくない分野は、複数の詳しい人、およびネットに必ず当たること

第2条 専門家の実績を「経歴」ではなく「エビデンス」「信頼できる他者評価」で把握 すること

第3条 専門家のアドバイスの裏をとる癖をつけること

第4条 過剰な自信を持っている「専門家」は警戒すること

第5条 自分の専門分野から、言われていることを類推する癖をつけること

第6条 PDCAサイクルをしっかり回している相手であり、過度に「根性論」「鍛錬 論」に終始しないか、気をつけること

第7条 相手の専門性に「市場性」があるかどうかを確かめること

第8条 どんな専門分野でも、少なくとも3人の専門家にアプローチせよ

第9条 、誰を信じるかは、最後は自己責任。それが失敗しても、学びとすること

【専門家はウソをつく 目次】第8章 なぜ「マッキンゼーの素人」は専門家と渡り合えるのか【勝間和代・要点・もくじ】

問題定義を疑う

パラダイムは変化し続ける

【専門家はウソをつく 目次】第9章 世の中はわからないことだらけ

第9章 世の中はわからないことだらけ

おわりに

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

専門家はウソをつく / 勝間和代の内容説明

人生の質を上げる「専門家」の選び方

日本人は「専門家」の言葉を鵜呑みにしすぎる、と危惧する著者が、「専門家」の発言をどう疑うべきなのか、誰の発言なら信じてもよいのか、を論理的に解説します。医療・健康分野、経済・金融分野、教育・コーチング分野での優れた専門家の見抜き方も伝えます。
どの専門家の意見をとるかで、人生の質や運が大きく変わり、それは「人生の賭」であり、専門家ごとに、賭のオッズが違う、という例えは痛快で、誰もが思い当たり、実践したくなります。
著者自身の水泳やゴルフを習ったときの体験も交えた”コーチの選び方”も、すぐに自分のこととして取り入れられるアドバイスです。
「人生を豊かにしていくために、自分自身も何かの専門家として精進を続け、そのことが他人の人生のリスクを減らし、豊かにしていくだろう」というメッセージは、心に残り、誰かに伝えたくなります。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】専門家はウソをつく / 勝間 和代【Amazonレビューを引用】

Amazon

新しい視点を教えてくれました。

kindle版を購入し、通勤電車の中で貪るように読みました。
今の時代の常識が未来で通用しているか??など、一般社会に生きるわたしたちには何を拠り所にすればいいのー!?と思わせることが書いてある本です。

Amazon

基本はクリティカル・シンキングの考え方を徹底すること

非常に基礎的なことを丁寧に解説してくれている勝間氏の書です。基本に忠実に、常に権威になびくことなく、自らの頭でしっかり考える週間をしっかりと訴えています。 権威を持っている専門家が抱える構造的なジレンマを丁寧に解説してくれています。この本の良いところが、分野ごとに切り口を紹介してくれているところです。第四章で医療・健康分野、第五章で経済・金融分野、第六章で教育・コーチング分野の話を具体的に紹介してくれているのが分かりやすいです。 秀逸なのは最終章、第八章でマッキンゼーのコンサルタントがなぜに専門家集団と渡り合えるのかの切り口を紹介しているところです。ここは本当に目から鱗が落ちる視点でした。ビジネスを考える上で、非常に参考になりますので、この第八章を読むだけで非常に有用だと思います。 :レビュー一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /

✅本を詳しく早く知りたい人にオススメの人気アプリ

電車移動や待ち時間にさっと本の要約内容を知ることができて便利です。
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-勝間和代
-, , , ,