伊藤羊一 本を音声で聞く( #Audible )

【全目次】1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 / 伊藤羊一【要点・もくじ・評価感想】 #1分で話せ

2022年4月17日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 / 伊藤羊一【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

伊藤羊一 さんの「1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【1分で話せ 目次】はじめに【伊藤羊一・要点・もくじ】

私は、人に何かを伝えることが本当に苦手だった

【1分で話せ 目次】序章 そもそも「伝える」ために考えておくべきこと ― うまいプレゼンより、「動いてなんぼ」【伊藤羊一・要点・もくじ】

人はあなたの話の80 %は聞いていない

「1分」で話す

「右脳」と「左脳」に働きかける

【1分で話せ 目次】第1章 「伝える」ための基本事項【伊藤羊一・要点・もくじ】

相手は誰か? どんなことに興味があるのか?

ゴールは何か ―「理解してもらう」はゴールにならない

結局、動かしてなんぼ ―「きれいに話す」のは目的じゃない

【1分で話せ 目次】第2章 1分で伝える ― 左脳が理解するロジックを作る【伊藤羊一・要点・もくじ】

てっぺんのないピラミッドになっていないか ―ロジカルな1分ストーリーを考える

考える=結論を導き出す―事実やデータは結論じゃない

考えるつもりで、悩んでいないか

根拠は3つ―ピラミッドで「枠組み」を共有しよう

意味がつながっていれば「ロジカル」―1分で誤解なく伝える

「基本的に」は不要―いらない言葉をいかに削るか

頑張ったことは話すな! ―話が伝わらなくなる6つの余計な話

「プロセス」を話す/気を遣いすぎる/自分の意見とは違うことを言う/笑いを入れる

通じないときは、前提を揃えておく

「メタ認知」は優秀なビジネスパーソンに共通するスキルでもある

【1分で話せ 目次】第3章 相手を迷子にさせないために「スッキリ・カンタン」でいこう【伊藤羊一・要点・もくじ】

集中して聞いてもらうための「スッキリ・カンタン」

話を聞いてぼーっとしてしまう時

言葉もスライドも「スッキリ」が鉄則

グラフにするのは基本

状況を「位置」に込める

スライドは「読まずに頭に入る」ことを目指す

カンタン―中学生が理解できるレベル言葉しか使わない

【1分で話せ 目次】第4章 1分でその気になってもらう―右脳を刺激してイメージを想像させよう【伊藤羊一・要点・もくじ】

正しいことを言うだけでは、人は動かない

人は、イメージを想像することで、感情が揺さぶられる

イメージを描いてもらうために行なう2つのこと

ピラミッドは、3段で作ろう―「結論」→「根拠」→「たとえば」の3段ピラミッド

「想像してみてください」―聞き手に、イメージの中に入り込んできてもらうために

【1分で話せ 目次】第5章 1分で動いてもらう【伊藤羊一・要点・もくじ】

「超一言」で包み込む

「ライブでダイブ」―プレゼンもアーティストと同じ

聞いている人の中に入っていく

人前で話す時の4つのポイント

「リトルホンダ」を作る―いかに「相手の立場」に立って話すか

「メタ認知」は優秀なビジネスパーソンに共通するスキルでもある

根回しだって、アフターフォローだって必要ならばやろう

【1分で話せ 目次】第6章 「伝え方」のパターンを知っておこう【伊藤羊一・要点・もくじ】

結論ではさむSDS

新しい取り組みを説明する時のPCSF

伝えたい言葉はあるか

動かしてなんぼ

【1分で話せ 目次】第7章 実践編【伊藤羊一・要点・もくじ】

【会議】とっさに意見を求められて真っ白になる

相手は何を質問しているのか、を見つけよう

会議では「ポジション」をとるのが大事

上司に意見をぶつけていいか?

意見を言うと、否定する上司に対しては?

自分から手を上げなくても、発言できる方法

【プレゼン】自分の話を聞いてくれているような気がしない

声を大きくするだけで、7割方解決する

言葉にイメージを持てば、トーンは自然に変わる

ただ大きくしても意味はない

「ロジカル」だけでは伝えられない

誰に向かって話していますか?

実際に観客に近寄ると、「私たち」という意識を作れる

声に出して、立って、何度も練習しましょう。時間の許す限り

【上司への提案】プレゼンではなく、「対話」を意識しよう

上司と自分の「ピラミッド」をすり合わせよう

ピラミッドをとれば、話の主導権は握れる

目上の人に対しても「私たちは」を使う

意見が合わない時は

上司の話も引き出せ

【取引先との商談】―提案よりも「問題解決」で信頼を作る

何を優先させるのか

信頼を得るために

【ファシリテーション】広げて絞る流れを意識しよう

ゴールを決める

結論は誘導しない

事前準備を必ず行なう

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 / 伊藤羊一の内容説明

【全目次】1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 / 伊藤羊一【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 / 伊藤羊一【要点・もくじ】 モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【47刷、48万部突破のベストセラー! 】
【本の要約サイト「flier(フライヤー)」、2018年の閲覧数年間ランキング1位! 】
【三省堂書店 有楽町店、2018年ビジネス書年間ランキング1位! 】
【アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング8週連続1位! (2018年6月3日~7月28日) 】
【BookLive! 2019年に読むべき! 「ビジネス書ベスト100」 第1位! 】

1分でささる伝え方!

●Zアカデミア学長にしてグロービス講師 孫社長にも一目置かれた伝説の「伝え方」!

・プレゼンに限らず、人前に立って話をする、指示をする、伝える、ということが苦手な方はいるでしょう。著者の伊藤氏は、そのプレゼンを聞いたソフトバンクの孫社長から認められるほどの技術の持ち主であり、今はグロービスの講師として、Zアカデミアの学長として、起業家からビジネスパーソンまで年間300人以上のプレゼンを指導し、ピッチコンテストなどでの優勝者を続々と輩出しています。本書では、「右脳と左脳」に働きかける伊藤氏独特のメソッドを紹介します。

●1分で話せない話は、どんなに長くても伝わらない
・「話が長い、手短に話せ」言われる方は少なくないでしょうが、伊藤氏の考えは「1分で話せないような話は、どんなに長くても伝わらない」というもの。長いのは話がまとまっていない証拠でもあり、相手に伝わらない一番の原因。そこで本書では、伝わる伝え方の「型」の部分だけでなく、「結論の決め方」、「言い切れない」というメンタルの部分の話から、1分で記憶に残す方法など、誰でもできる方法を紹介します。:引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 / 伊藤羊一【Amazonレビューを引用】

Amazon

短いことばで話す重要性

管理職や、その上の役員は常に忙しい状況だと思う。そんな中でだらだらと長時間説明されると、ほとんど聴いてくれない事態になる。この本の内容は、上役の人に自分の提案、企画を通すための手法としてはとても良い内容ではないかと思う。短いことばで話すと言うことは、まず自分の頭の中を整理することができ、次に相手の時間を節約できるとができると言うことで有用だと考える。

Amazon

業務の参考にしたいと思います。

よく上司からお前は何が言いたいのかわからないと言われるので、本書で挙げられている「結論」「根拠」「たとえば」の論理構造と「根拠は3つ並べること」を念頭に置いて話すようにしていきたいと思います。また、話が伝わらなくなる6つの余計な話の部分もこれまでの自分を振り返ってみるとそういった話をしていたふしがあったので参考になりました。 :レビュー一覧

著者関連
伊藤羊一 さん著書もくじ一覧
伊藤羊一 さん著書Amazon一覧

モクホン オススメ記事


もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-伊藤羊一, 本を音声で聞く( #Audible )
-, , , , , , , ,