林修

【全目次】林修の仕事原論 / 林修【要点・もくじ・評価感想】#林修の仕事原論

2022年5月13日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】林修の仕事原論 / 林修【要点・もくじ・評価感想】#林修の仕事原論  モクホン ビジネス書の本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
林修 さんの「林修の仕事原論」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

【林修の仕事原論 目次】PART 1 仕事といかに向き合うか【林修・要点・もくじ】

第1講
自分が不運だと思う人は、向いていない仕事をしていないか疑うべき

第2講
好きか嫌いか、できるかできないか

第3講
やりたくない仕事を全力でやると、やりたい仕事に近づく

第4講
「一流」を目指すことからすべてが始まる

第5講
自分の仕事のどこにプライドを見出すか?

第6講
真の人脈は仕事を通してしか広がらない

第7講
人間のタイプを知るには歴史小説が参考になる

第8講
運が縁を呼び、縁が新しい運を呼んでくれる

第9講
"自分の居場所"を真剣に見つけよう

【林修の仕事原論 目次】PART 2 必ず結果を出す人の「対人力」【林修・要点・もくじ】

第10講
とにかく観察せよ!相手のこだわりを見抜くべし

第11講
あえて相手が期得するような反応をしない

第12講
人をもてなすときは「柔軟さ」がもっとも大切

第13講
「自分ルール」で相手をもてなさない

第14講
「モノ」より一コト」を喜ぶ人もいる

第15講
仕事ができる人は女性を味力につけている

第16護
相手へのプレゼントは一空欄補充」で考える

第17講
「プレゼント力」も仕事における一つのスキル

【林修の仕事原論 目次】PART 3 すべてを勝ち負けで考える【林修・要点・もくじ】

第18講
敗者に泣く資格はない。「すべて自分が悪い」と考えよう

第19講
競争原理が個人も社会も成長させる

第20講
何かに負けるとき、原因は主に三つ

第21講
「「発逆転」が必要な状況をつくらない

第22講
負けは消えない。「取り返そう」という発想の危うさ

第23講
圧倒的な戦力差をつけることの意味

第24講
お金はあくまでも手段。最終的な目標にしてはいけない

第25講
お金は稼ぎ方より使い方のほうが難しい

第26講
お金を使った経験が「内なる財産」になる

第27講
飲食店情報サイトで,本物の店"を見つけることはできない。

第28講
会食も一勝負の舞台」になりうると心得ておく

第29講
「特別扱い」は実は平等。裏メニューを喜んではいけない

【林修の仕事原論 目次】PART 4 自己演出と自己管理の方法【林修・要点・もくじ】

第30講
物事が「そうであること」と「そう見えること」に差はない

第31講
ときには朝5時にメールしてやる気をアナウンスする

第32講
「時間」と一空間」を支配してトラブルを回避する

第33講
飲み会で「昔はこうだった」という話が出たら即帰る

第34講
「不運は続く」と最初から思えば怖くない

第35講
無意識に出る言葉に意識を向けてみよう

第36講
人生で何度も読み返す「座右の書」を見つける

第37講
自分の頭で考える人間だけが成長し続けられる

おわりに

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

林修の仕事原論 / 林修の内容説明

【全目次】林修の仕事原論 / 林修【要点・もくじ・評価感想】#林修の仕事原論  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】林修の仕事原論 / 林修【要点・もくじ・評価感想】#林修の仕事原論  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

「どう生きるかとは、どう仕事をするかと等しいとまでは言えないとしても、重なる部分はあまりにも大きい。
だとしたら、仕事といかに向き合うかについて、もっともっと考えるべきではないでしょうか?」
予備校講師の枠を大きく超えた活躍を続ける林修先生。

この社会で“勝てる場所"を見つけるためにどのように考え、どのように行動してきたのか。
自らの仕事観を初めて明らかにした人気作が待望の新書化。 :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】林修の仕事原論 / 林修【Amazonレビューを引用】

Amazon

人自分の頭で考えよ

章の構成や主張していることが,品がありスマート。この本にも書いてある「自分の頭で考えない」人たちの共通点はお見事。完全同意。また、自分が経験し得た以上の判断は人間は難しい。食育や一流に触れることの重要性を語ってくれた事も好印象だ。残念ながら、そういった教養が日本では多大に不足しているように感じる。総じていい本だった。

Amazon

勝つか負けるか

林修先生の考え方が知りたいと思ってこの本の購入をきめました。仕事に対する考え方には非常に共感します。あと人をもてなすときのルールなどこの本に書いてありましたがそのとうりだと思います。やっぱりテレビでもあれだけの活躍をなさっている人ですからね。予備校講師時代にいろいろな工夫をしていかに生徒にわかりやすくヒントをだすかなど苦労したことも書いてありましたが自分もこの本を読んでみて仕事に対する考え方に林修先生の考え方を取り入れていきたいと思っています。 :レビュー一覧

著者関連
林修 さん著書もくじ一覧
林修 さん著書Amazon一覧
【全目次】いつやるか? 今でしょ! / 林修【要点・もくじ・評価感想】#いつやるか今でしょ モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい
【全目次】いつやるか? 今でしょ! / 林修【要点・もくじ・評価感想】#いつやるか今でしょ

続きを見る

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-林修
-, , , , , ,