本を音声で聞く( #Audible ) 田口一成

【全目次】9割の社会問題はビジネスで解決できる / 田口一成【要点・もくじ・評価感想】#9割の社会問題はビジネスで解決できる

2022年5月2日

Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】9割の社会問題はビジネスで解決できる / 田口一成【要点・もくじ】#9割の社会問題はビジネスで解決できる  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

田口一成 さんの「9割の社会問題はビジネスで解決できる」の全目次を紹介します。

目次は本の要点が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。

では目次を見ていきましょう!

ジャンル

記事の目次

【9割の社会問題はビジネスで解決できる 目次】第1章 「社会問題を解決するビジネス」を次々と生み出す仕組み【田口一成・要点・もくじ】

そもそもソーシャルビジネスとは?従来のビジネスと何が違う?

資本主義の本質は「効率の追求」。そこから取り残される人がどうしても出てくる

非効率を含めてビジネスをリデザインする

善意で買ってもらえるのは1回まで

社会問題解決が「目的」、儲けることは「けじめ」

社会起業家の数1解決できる社会問題の数

「社会起業家のプラットフォーム」となる会社をつくろう

ソーシャルビジネスをたくさんつくる仕組み②
起業家採用

ソーシャルビジネスをたくさんつくる仕組み②
資金提供

ソーシャルビジネスをたくさんつくる仕組み②
スタートアップスタジオとバックアップスタジオ

世の中にあるいいアイデアが、なぜ世界に広がらないのか

世界に広げていく仕組み①
恩送りのエコシステム 余剰利益は共通のポケットに

世界に広げていく仕組み②
共同体経営 グループの全社長による合議制

世界に広げていく仕組み③
独立経営 採用も報酬も自分で決定

MM会議 起業家は「自立」したいが「孤立」したいわけではない

キャッシュフロー経営 資金が尽きたら一旦終了

出資額を超える株主配当は一切しない

経営者の報酬は一番給与の低い社員の7倍以内

ソーシャルインパクト 売上・利益よりも重要な独自の指標

売上1兆円のグループへ

目指すのは「スイミー」のような組織

【Q&A】ボーダレスグループの「リアル」。よくある質問・疑問に答えます!

【9割の社会問題はビジネスで解決できる 目次】第2章 この"仕組み"がどうやって生まれたのか。その実験の歴史【田口一成・要点・もくじ】

1 ソーシャルビジネスにたどり着くまで

「人生の使い道」を模索していた大学時代に、貧困問題に出会う

「貧困問題を解決したいなら、自分でお金をコントロールできるようになりなさい」

アメリカ留学で学んだことはビジネスではなかった

帰国後、起業を目指したが⋯⋯投資家から「社会貢献は儲かってから」と言われる

採用面接で「3年で辞めます」と言ってミスミに入社

同期と意気投合し、将来一緒に会社を立ち上げようと誓う

起業するも、寄付できたのはたったの7万円

「ビジネスそのもので社会問題を解決できる!」という気づきが大きな転機に

2 ソーシャルビジネスしかやらない会社へ

家族、親戚はおろか、社員の親にまで借金

人生唯一の後悔

こんな苦労を他の社会起業家にはさせたくない

「BORDERLESS HOUSE」は不動産事業ではなく、国際平和の礎となる多国籍コミュニティづくり

ついに貧困問題を解決する事業に着手。ハーブのフェアトレードに決定

フェアトレードやオーガニックの認証コストも払えない小規模農家がたくさんいる

ハーブティの需要の少なさに愕然とするも、「授乳期の母親たち」の隠れた課題を知る

サンプルを持って、産婦人科病院に飛び込み営業

ミャンマー僻地の村でハーブ栽培をスタート。ところが、参加した農家はごくわずか⋯⋯

村のすべての農家が一様に貧しいわけではなかった

市場価格ではなく、農家希望価格で買い取る

本当に「助けたい人」のためになっているか

バングラデシュで「牛革」にいきつくまで

革職人に弟子入りし、革製品のつくり方を一から学ぶ

「BUSINESS LEATHER FACTORY]のビジネスプランを3日で書き上げる

ソーシャルビジネスは、失敗できない闘い

3 社会起業家のプラットフォームへ

「1年に1事業」のペースでは遅すぎる!社会起業家をサポートする体制にシフト

コルヴァ危機(別名3億円事件)発生

マイルストーン経営を始めるも機能せず

売上の成長スピードを犠牲にしてでも、一人ひとりの社長に全面的にまかせる

リーダーの仕事は、みんながワクワクする絵を描くこと

鬼コーチだった僕が、教えることをやめた理由

グループ外からも社会起業家を募るように

企業カルチャーの共有を見直すきっかけとなった「福岡オフィスの開設」

ボーダレスグループは国連。ビジョンと目的さえ共有していれば、加盟国(各社)の文化はそれぞれでいい

仕組みは変えていくもの。実験を繰り返して磨かれ進化し続ける

【9割の社会問題はビジネスで解決できる 目次】第3章 「社会問題を解決するビジネス」のつくり方【田口一成・要点・もくじ】

プランニングのゴールは、「1枚のシート」を完成させること

大原則「ビジネスモデルの前に、まずソーシャルコンセプト」

ソーシャルコンセプトがなぜそんなに重要なのか

テーマの「ベスト探し」をやめて、まずは動いてみよう

テーマ選びに原体験はいらない

1 ソーシャルコンセプトを考える

社会問題の「現状」「理想」「対策」を徹底的に考える

1-1【現状】のチェックポイント 対象者の顔が見えるか?
1-1【現状】のチェックポイント 課題は明確か?
1-1【現状】のチェックポイント 課題の本質的原因か?
1-2【理想】のチェックポイント 景色として目に浮かぶか?
1-3【HOW】のチェックポイント 原因に対する対策になっているか?

イケてないソーシャルコンセプトにならないように、「本当のようなウソ」に気をつける

社会問題の本質的原因に対する独自の切り口が、独自の社会ソリューションへ

当事者ヒアリングのコツは「行動」を聞くこと

最低でも10人には話を聞く

2 制約条件を整理する

ビジネスモデルを考える前に、やるべきことがある

3 ビジネスモデルを考える

制約条件をクリアするビジネスモデルを考える

ビジネスモデルを考える上でのポイント(3 1〜5それぞれのポイント)

ビジネスモデルの良し悪しを見極めるチェックポイント

ビジネスモデルは、修正、修正を繰り返す

ソーシャルインパクトを設定する

【9割の社会問題はビジネスで解決できる 目次】第4章 ビジネス立ち上げ後の「成功の秘訣」【田口一成・要点・もくじ】

立ち上げ期には「誕生期」「ハイハイ期」「よちよち期」がある

「勝ちシナリオ」が見つかるまでは、仮説・検証をひたすら繰り返す

打ち手のアイデアが出ない時は、素直に周りの力を頼ろう

成長期に入るまでは、絶対に社員を雇ってはいけない

月に1度の経営会議では、ここをチェックする

違和感はスルーしない

【ケース①:先生の学校】
【ケース②:八百屋のタケシタ】
【ケース③:RICE】
【ケース④:ZERO PC】
【ケース⑤:Enter the E】
【ケース⑥:腸活ミ二野菜】

事業が成功するかどうかは、続けるかどうかにかかっている

赤字会社がトライし続けるためのペイシェントマネー

【9割の社会問題はビジネスで解決できる 目次】終章 一人ひとりの小さなアクションで、世界は必ず良くなる【田口一成・要点・もくじ】

社会起業家と社会投資家をつなぐ「ソーシャルビジネス経済圏」をつくる

社会起業家を増やすためのヒントは、芸人にある?

数百、数千という会社数になっても、合議制は変えない

ボーダレスグループの仕組み自体をグループ外にも広げていく

創業者が長くいるのはよくない。代表は任期制がいい

まずは一人ひとりが「ちゃんとした消費者」になる

小さな「マイプロジェクト」を立ち上げてみよう

みんなが「八チドリのひとしずく」の精神で

別の本の目次を見てみる(ランダム) ◀

9割の社会問題はビジネスで解決できる / 田口一成の内容説明

【全目次】9割の社会問題はビジネスで解決できる / 田口一成【要点・もくじ】#9割の社会問題はビジネスで解決できる  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】9割の社会問題はビジネスで解決できる / 田口一成【要点・もくじ】#9割の社会問題はビジネスで解決できる  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

【全目次】9割の社会問題はビジネスで解決できる / 田口一成【要点・もくじ】#9割の社会問題はビジネスで解決できる  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon #読書 #読書好きな人と繋がりたい

★日経ビジネス「世界を動かす日本人50」選出、『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』出演。
日本を代表する社会起業家、待望の初著書!
★ソーシャルビジネスだけで売上55億円のすごい仕組み
★斎藤幸平氏、山口周氏、柳澤大輔氏、坂本光司氏、渋澤健氏、推薦!

貧困、難民、過疎化、人種差別、耕作放棄地、フードロス、地球温暖化……
社会問題を解決するビジネス(ソーシャルビジネス)しかやらない会社、ボーダレスグループ。

著者が2007年に創業した同社は、いまや世界15カ国で40の事業を展開し、従業員は約1500名、グループ年商は55億円を超える(2021年4月現在)。

その大きな特徴は、「自分はこんな社会問題を解決したい」という志を持った起業家が集まる「社会起業家のプラットフォーム」であること。「40の事業」はそれぞれが独立した株式会社で、「40人の社長」がいる。

こうして各社が独立経営を行いながらも、資金やノウハウをお互いに提供し合う、相互扶助の仕組み「恩送り経営」は、2019年にグッドデザイン賞(ビジネスモデル部門)に選ばれ、2020年にはカンブリア宮殿でも紹介されるなど、各方面から注目を集めている。

そこで第1章では、ソーシャルビジネスを次々と生み出す同社独自の仕組みを、第2章ではそれらがどういう試行錯誤の中で生まれてきたかを紹介。
後半の第3章・第4章では、40の事業を立ち上げる中で培ってきた「社会問題をビジネスで解決するためのノウハウ」を一挙公開する。

「日々忙しく働いているけれど、自分の仕事は本当に社会を良くしているんだろうか」?
そんなモヤモヤを抱えながら日々仕事を頑張っている、全てのビジネスパーソン必読! :引用元

ジャンル

ジャンル別売れ筋ランキング

【評価・感想・口コミ】9割の社会問題はビジネスで解決できる / 田口一成【Amazonレビューを引用】

Amazon

売上や利益よりもソーシャルインパクト

ボーダレス・ジャパンが行っている技能実習生への日本語教育事業を知ってから、同社のビジネスモデルに興味を持っていた私にとっては非常に面白い本でした。 この本では、従来の経営学やマーケティングの本とは異なる、新たな学びが多く得られました。 特に、従来のビジネスとソーシャルビジネスの価値基準の違いについてはハッとさせられました。 特に下記の2点は貴重な学びです。 ・マーケットニーズやシナジーよりも課題解決につながるかどうかに重きを置く ・売上や利益ではなくソーシャルインパクトを追求する 私もソーシャルビジネスに関わる仕事をしているため、この本の内容を自分の仕事に当てはめて考えたいと思います。 ※売上や利益よりもソーシャルインパクトを追求するという点は綺麗事だと思われる方がいるかもしれませんが、電気料金高騰の際のハチドリ電力の対応に感銘を受けた私は筆者の主張に説得力があるように思えました。

Amazon

とても刺激を受けた

田口さんと同い年でサラリーマンしてます。 とても刺激を受けました。 同じ日本人であることに誇りを感じます。 ハチドリのおはなし「微力ではあるが無力ではない」 胸に刺さりました。 ボーダーレスジャパンという素晴らしい集団が今後もさらに活躍することに間違いなしと確信する内容の一冊でした。 :レビュー一覧

著者関連
田口一成 さん著書もくじ一覧
田口一成 さん著書Amazon一覧

モクホン オススメ記事

もう一つ、こんな記事もいかがですか?
\ 気になるワードで調べる /
Amazonプライム  モクホン 1分で成長するための本の目次を読むサイト mokuhon  #読書 #読書好きな人と繋がりたい
\ RT・シェアはこのボタン /

-本を音声で聞く( #Audible ), 田口一成
-, , , , , ,